ホーム   >   日本画画家一覧   > 小茂田青樹  
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

小茂田青樹
 絵画作品と所蔵美術館

おもだ せいじゅ 1891(M24).10.30- 1933(S08). 8.28 en  English
小茂田青樹『 春の夜 』
「詩情の画家」と呼ばれた人。
この 『 春の夜 』では文字通り春の夜の動物たちの無音の動きを、『 緑雨 』では梅雨の長雨を、『 虫魚画巻 』では明かりに集まる夏の虫の飛来をと、無声映画を見るような詩情感を表現している。

春の夜 』 1930 (S05) 156.4*68.8   埼玉県立近代美術館
 Title  Year  Museum  I
『 寒牡丹 』
1911 (M44)頃
埼玉県立近代美術館
『 中国港町風景 』
1912 (M45)
川越市立美術館
『 月あかり(野趣四題 夏沢清夜)』
1913 (T02)
北海道立近代美術館
『 梅さける村 』
1914 (T03)
五島美術館
『 乙艫帰帆 』
1915 (T04)
茨城県近代美術館
『 横浜海岸通り 』
1915 (T04)
横浜美術館
『 月島 』
1915 (T04)
青梅市立美術館
『 蒲田図 』
1915 (T04)
三渓園
『 住吉 』
1915 (T04)頃
青梅市立美術館
『 峠道 』
1916 (T05)
山種美術館
『 逢坂山 』
1916 (T05)
横浜美術館
『 秋霖 』
1916 (T05)頃
青梅市立美術館
『 雪後 』
1916 (T05)頃
足立美術館
『 春雨 』
1917 (T06)頃
山種美術館
『 喜雀 』
1917 (T06)頃
横浜美術館
春庭
1918 (T07)
山種美術館
『 菜園 』
1918 (T07)
宗教法人霊波之光教会
『 妙高山 』
1919 (T08)
山種美術館
『 晩秋 』
1919 (T08)
霊友会妙一記念館
『 刈入 』
1919 (T08)
霊友会妙一記念館
『 四季草花 春秋 』
1919 (T08)
霊友会妙一記念館
『 四季草花 夏冬 』
1919 (T08)
滋賀県立近代美術館
『 麦踏 』
1919 (T08)
埼玉県立近代美術館
『 茶の花 』
1919 (T08)
さいたま市立浦和博物館
『 水仙 』
1919 (T08)頃
山種美術館
『 薊 』
1919 (T08)頃
川越市立美術館
『 柿 』
1919 (T08)頃
愛知県美術館
『 松江風景 』
1920 (T09)
東京国立近代美術館
『 早春 』
1920 (T09)
山種美術館
『 狭山の風景(丘に沿へる道)』
1920 (T09)
山種美術館
『 外秩父之朝 』
1920 (T09)
霊友会妙一記念館
『 双鳩図 』
1920 (T09)頃
京都国立近代美術館
『 農村の船着場 』
1920 (T09)
何必館 京都現代美術館
『 出雲江角港 』
1921 (T10)
東京国立近代美術館
『 雪景 』
1921 (T10)
高崎市タワー美術館
『 楽山新秋 』
1921 (T10)
高崎市タワー美術館
『 山兎 』
1921 (T10)
埼玉県立近代美術館
『 漁村早春 』
1921 (T10)
愛知県美術館
『 ポンポンダリア 』
1922 (T11)
横浜美術館
『 出雲蒿山冬景図 』
1922 (T11)
滋賀県立近代美術館
『 景雲餘彩 』
1922 (T11)
宮内庁三の丸尚蔵館
『 秋郊白鷺 』
1922 (T11)頃
高崎市タワー美術館
『 菊 』
1923 (T12)
川越市立美術館
『 鮒 』
1923 (T12)
茨城県近代美術館
『 村道 』
1923 (T12)
北野美術館
『 秋果 』
1923 (T12)頃
何必館 京都現代美術館
『 瑞彩 』 母子ノ雀
1924 (T13)
宮内庁三の丸尚蔵館
『 牽牛花 』
1924 (T13)
川越市立美術館
『 みのり 』
1925 (T14)
川越市立美術館
『 楓に樫鳥 』
1925 (T14)
川越市立美術館
『 秋叢 』
1925-26 (T14-15)頃
埼玉県立近代美術館
緑雨
1926 (T15)
五島美術館
秋意
1926 (T15)
川越市立美術館
『 秋草に少女 』
1926 (T15)
高崎市タワー美術館
『 軍鶏 』
1926-28 (T15-S03)
三渓園
『 麗日 』
1926-28 (T15-S03)
川越市立美術館
『 春の雪 』
1926 (T15)頃
霊友会妙一記念館
『 田舎風景 』
1926 (T15)頃
川越市立美術館
薫房
1927 (S02)
福島県立美術館
『 薔薇 』
1927 (S02)
青梅市立美術館
『 春望 』
1927 (S02)
メナード美術館
『 月涼 』
1927 (S02)頃
青梅市立美術館
『 横山大観還暦祝画帖 』
1928 (S03)
横山大観記念館
『 春暁 』
1928 (S03)
山種美術館
四季花鳥
1928 (S03)
講談社野間記念館
『 母子鹿 』
1928 (S03)
滋賀県立近代美術館
『 樹上猿 』
1929 (S04)
埼玉県立近代美術館
『 粉雪 』
1929 (S04)
川越市立美術館
『 錦木に頬白 』
1929 (S04)
川越市立美術館
『 睡鴨・飛鴨 』
1929 (S04)
高崎市タワー美術館
『 竹雀図 』
1929 (S04)頃
メナード美術館
『 鳴鶏 』
1930 (S05)
埼玉県立近代美術館
春の夜
1930 (S05)
埼玉県立近代美術館
『 朝暘 』
1930 (S05)
川越市立美術館
『 蝉 』
1930 (S05)
足立美術館
『 雛 』
1930 (S05)頃
山種美術館
『 色紙十二ヶ月 』
1930 (S05)頃
講談社野間記念館
『 鶏 』
1930 (S05)頃
青梅市立美術館
『 千鳥 』
1930 (S05)頃
川越市立美術館
『 豊穣 』
1930 (S05)頃
川越市立美術館
『 杜公 』
1930 (S05)頃
川越市立美術館
『 夜桜 』
1930 (S05)頃
川越市立美術館
『 茄子 』
1930 (S05)頃
川越市立美術館
虫魚画巻
 → 画像
1931 (S06)
東京国立近代美術館
『 愛児座像 』
1931 (S06)
山種美術館
『 虫魚画巻 』
1931 (S06)
横須賀美術館
『 晩秋 』
1931 (S06)
埼玉県立近代美術館
『 山茶花 』
1931 (S06)頃
茨城県近代美術館
鳴鶏
1931 (S06)頃
川越市立美術館
『 初夏 』
1931 (S06)頃
川越市立美術館
『 梅花朧月 』
1932 (S07)
川越市立美術館
鳥心
不明
埼玉県立近代美術館
【 語録 】 私の場合画の主材は緊密に身辺にあつて、それを幾度も見、幾度か写生して、虫の心と私達の心とが一種の関連した『友情』にあることが必要でなければならぬ


■,
の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンク、◆ は Googleアート&カルチャー、+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。