logo  気になるアート.com : ボナール

ボナール
 絵画作品と所蔵美術館

Pierre Bonnard ピエール・ボナール 1867.10. 3 - 1947. 1.23  en  English

ボナール
ジャポニズムに影響され、初期には日本の軸のように縦に細長い作品が多くある。 妻のマルトをモデルに室内で描いており、若い頃は奔放な、歳いってからは彼女がバスタブに浸かった作品などが多い。広くはない室内もので、明るい光を受けたテーブルや猫などを描いた作品は、色彩も豊かで落ち着きがあって好きだな。
『 朝食の部屋 』1930-31 159.6*113.8 ニューヨーク近代美術館

ポスターを買う  書籍・画集を買う

 Title  Year  Museum  I  c
読書をする少女
不明 北野美術館
黒い靴下
1889 ボルドー美術館 fr
アンドレ・ボナール嬢の肖像、画家の妹
1890 愛媛県美術館
犬と女
1891 クラーク美術館 us
親密さ(クロード・テラス夫妻)
1891 オルセー美術館 fr
坐る娘と兎
1891 国立西洋美術館
ヴィヤールの肖像
1892 オルセー美術館 fr
格子柄のブラウス
(20歳のクロード・テラス夫人)
1892 オルセー美術館 fr
白い猫
1894 オルセー美術館 fr
砂遊びする子ども
1894頃 オルセー美術館 fr
散歩
1894頃 ヴィンタートゥール美術館 ch
子供たちの食事
1895 メトロポリタン美術館 us
若い女性、突風
1895 ノートン美術館 us
サクランボを食べる少年
1895 アイルランド国立美術館 ie
舞踏会
1895 サントリーコレクション
タデ・ナタンソンの肖像
1897 コロンバス美術館 us
画家の妹とその子供たち
1898 us
しどけない女
1899 オルセー美術館 fr
昼食
1899 ch
燈下
1899 アーティゾン美術館
水浴する女達のいる森の風景
1899 諸橋近代美術館
山羊と遊ぶ子供たち
1899頃 ポーラ美術館
りんごつみ
1899頃 ポーラ美術館
男と女
1900 オルセー美術館 fr
ブルジョワ家庭の午後(テラス家の人々)
1900 オルセー美術館 fr
庭に憩う家族
1901頃 チューリヒ美術館 ch
ミシア・ゴドブスカとタデ・ナタンソン
1902 ベルギー王立美術館 be
ピガール広場
1905 ひろしま美術館
パリの街角
1905頃 エルミタージュ美術館 ru
婦人帽子屋
1905頃 ヴィンタートゥール美術館 ch
若い女
1905頃 東京富士美術館
洪水の後
1906 池田20世紀美術館
室内の若い婦人
1906頃 コートールド美術館 uk
子供と猫
1906頃 愛知県美術館
《ブラック》あるいは《犬と一緒にいる女性》
1907 チューリヒ美術館 ch
化粧室の裸婦
1907 DIC 川村記念美術館
浴室の裸婦
1907 新潟市美術館
小舟に乗って
1907頃 オルセー美術館 fr
書きものをする若い女
1908 バーンズ財団美術館 us
洗面台の鏡
1908 プーシキン美術館 ru
庭のテーブル・セット
1908頃 us
逆光の裸婦

1908頃 ベルギー王立美術館 be
汽車と荷船のある風景
(貨物列車のある風景)
1909 エルミタージュ美術館 ru
欄干の猫
1909 大原美術館
早春(小さな牧神たち)
1909頃 エルミタージュ美術館 ru
装飾パネル、水の戯れ(旅)
1906-10 オルセー美術館 fr
装飾パネル、悦び
1906-10 オルセー美術館 fr
緑色のテーブル
1910頃 us
青いバルコニー
1910頃 コートールド美術館 uk
鏡の中の裸婦
1910頃 ヴァルラフ=リヒャルツ美術館 de
古い港の眺め,サントロペ
1911 メトロポリタン美術館 us
パリの朝
1911 エルミタージュ美術館 ru
ヴェルノン近郊のセーヌ川
1911頃 エルミタージュ美術館 ru
海景、大きな帆船
1911頃 ヴィンタートゥール美術館 ch
ヨットにて
1912 オルセー美術館 fr
山羊のいるアルプス風景
1912 フォルクヴァンク美術館 de
ボートにて
1912 ヴァルラフ=リヒャルツ美術館 de
ノルマンディーの夏
1912 プーシキン美術館 ru
ヴェルノネの小径
1912-14頃 スコットランド国立美術館 uk
猫と女
1912頃 オルセー美術館 fr
室内の裸婦
1912頃 笠間日動美術館
にぎやかな風景
1913頃 愛知県美術館
化粧室
1914 メトロポリタン美術館 us
化粧
1914 オルセー美術館 fr
女と犬
1914 グルノーブル美術館 fr
海辺の人
1914 上原近代美術館
浴室の裸婦
1914 鹿児島市立美術館
二人の裸婦のいる風景
1914-15頃 コロンバス美術館 us
ヴェルノネの庭の朝
1917 メトロポリタン美術館 us
湯上り
1917 サントリーコレクション
浴槽、ブルーのハーモニー
1917頃 ポーラ美術館
女と果物かご
1915-18 ボルティモア美術館 us
野の花
1915-20頃 オルブライト=ノックス美術館 us
働く人々
1916-20頃 国立西洋美術館
地中の庭
1917-18 ポーラ美術館
薔薇色のローブを着た女
1918 ヤマザキマザック美術館
緑のブラウス
1919 メトロポリタン美術館 us
青い水さしの中の花
1920 ワズウォース美術館 us
ベルネイム兄弟の肖像
1920 オルセー美術館 fr
1920 アーティゾン美術館
海岸
1920 アーティゾン美術館
デザート
1920頃 クリーブランド美術館 us
ヴェルノンの陽差し
1920頃 国立ウェールズ美術館 uk
青い襟の少女
1920頃 サントリーコレクション
パリの朝
1920頃 北九州市立美術館
開かれた窓
1921 フィリップス・コレクション us
ヒナゲシとキンポウゲ
1922 ヴィンタートゥール美術館 ch
リヴィエラ
1923頃 フィリップス・コレクション us
女と犬
1924 デトロイト美術館 us
オリーブの樹と礼拝堂のある風景
1924頃 コートールド美術館 uk
ル・カンネの棕櫚
1924頃 マンチェスター市立美術館 uk
テーブル
1925 テート・モダン uk
浴槽
1925 テート・モダン uk
化粧
1925 サントリーコレクション
ノルマンディー風景
1925 上原近代美術館
果物のある静物
1925頃 ヴィンタートゥール美術館 ch
棕櫚の木
1926 フィリップス・コレクション us
花束
1926頃 us
ル・カネの見晴らし
1927 オルセー美術館 fr
レーヌ・ナタンソンと赤いセーターのマルト
1928 ポンピドゥー・センター fr
ナントへの道
1929 クリーブランド美術館 us
ヴェルノン付近の風景
1929 アーティゾン美術館
マントルピースの上の花
1930 ホノルル美術館 us
白いコルサージュの少女(レイラ・クロード・アネ嬢)
1930 ひろしま美術館
朝食の部屋
1930-31 ニューヨーク近代美術館 us
浴槽の裸婦
1931 ポンピドゥー・センター fr
黄と赤の静物
1931 グルノーブル美術館 fr
静物=りんごと水差し
1931頃 メナード美術館
浴室の裸婦
1932 ニューヨーク近代美術館 us
昼食
1932頃 パリ市立近代美術館 fr
部屋の中の女:ル・カンネ
1933 リヨン美術館 fr
1933頃 国立西洋美術館
サントロペの海岸
1934 ノートン美術館 us
背を向けて化粧する裸婦
1934 ポンピドゥー・センター fr
身支度をする女(鏡の前の裸婦)
1934頃 パリ市立近代美術館 fr
庭に面した広いダイニング
1934-35 グッゲンハイム美術館 us
ル・カネ、バラの道
1934-35頃 ヴィンタートゥール美術館 ch
春の風景
1935頃 us
静物-果物かご
1936頃 ハーバード美術館 us
入浴する裸婦

1937 パリ市立近代美術館 fr
ヴェルノンのテラス
1939 メトロポリタン美術館 us
格子縞のテーブルクロス
1939 シカゴ美術館 us
画家の庭の階段
1942-44頃 us
洗面所の鏡の中の自画像
1939-45 ポンピドゥー・センター fr
白い服の少女
1942-45 ポーラ美術館
ミモザの見えるル・カンネのアトリエ
1939-46 ポンピドゥー・センター fr
雨降りのル・カンネ風景
1946 上原近代美術館
婦人像
不明 長島美術館
【 語録 】

自然を描きだそうとするのではない。絵の方を生きているように持っていくのだ