logo  気になるアート.com : マルケ

マルケ
 絵画作品と所蔵美術館

Albert Marquet
 アルベール・マルケ 1875. 3.26 - 1947. 6.13

マルケ
フォーヴィズムに参加するも、色彩は強烈なわけではなく、また、フォルムも ゆるい表現が多い。明るい海の作品が多いので風景画家と見られがちだが、裸体画の作品もある。
レ・サーブル・ドロンヌ 』1921 60.5*73.0 国立西洋美術館

ポスターを買う

 Title  Year  Museum  I  c
画家の父と母の肖像
1889頃 ボルドー美術館 fr
リュクサンブール公園
1902 ボルドー美術館 fr
ノートルダムの後陣
1902 愛知県美術館
ポルト=ヴェルサイユの雪景色
1904 国立西洋美術館
冬の太陽、パリ
1904 ポーラ美術館
マンギャンのアトリエで描くマティス
1905 ポンピドゥー・センター fr
マントンの港
1905 エルミタージュ美術館 ru
街路樹にかかる太陽(パリの太陽)
1905 プーシキン美術館 ru
パリ、ルーブル河岸
1906 ヤマザキマザック美術館
南部地方の風景
1906頃 マルロー美術館 fr
アンリ4世記念碑とセーヌ河風景
1906頃 エルミタージュ美術館 ru
植民地連帯の軍曹
1906-07 メトロポリタン美術館 us
ポワシーのセーヌ川
1908 パリ市立近代美術館 fr
冬のパリ、ノートル=ダム寺院
1908頃 プーシキン美術館 ru
ハンブルグの港
1909 ボルドー美術館 fr
ナポリ、帆船
1909 ボルドー美術館 fr
ナポリ湾
1909 エルミタージュ美術館 ru
ハンブルグの港
1909 エルミタージュ美術館 ru
パリ、カルーゼル広場
1910 ポーラ美術館
サン=ミシェル橋とグラン=ゾーギュスタン河岸
1910-11 グルノーブル美術館 fr
オンフルール港
1911 プーシキン美術館 ru
パリのサント=トリニテ教会広場
1911頃 エルミタージュ美術館 ru
逆光の裸婦
1911頃 ボルドー美術館 fr
ルーアン港
1912 リヨン美術館 fr
坐る裸婦
1912 国立西洋美術館
タンジールの城塞
1913 グルノーブル美術館 fr
ラ・ヴァレンヌ=サン=ティレール
1913 ヴィンタートゥール美術館 ch
赤い背景の裸婦
1913 群馬県立近代美術館
ロッテルダム
1914 ポンピドゥー・センター fr
マルセイユのアトリエ
1916 ボルドー美術館 fr
マルセーユの港
1916 大原美術館
レスタック
1918 グルノーブル美術館 fr
マルセイユのエスタック
1918 ナント美術館 fr
霧のリーヴヌーヴ、マルセイユ
1918 上原近代美術館
ラ・ロッシェル
1920 ボルドー美術館 fr
アルジェリアの港
1920頃 ポーラ美術館
レ・サーブル・ドロンヌ
1921 国立西洋美術館
ラ・ショームの家並み
1921 ヤマザキマザック美術館
ボルドー港
1924 ボルドー美術館 fr
ラ・グーレットの嵐
1926 ボルドー美術館 fr
ラ・グーレットの窓
1926 ボルドー美術館 fr
ラ・マイユライユのレガッタ
1927 ボルドー美術館 fr
サン=ジャン=ド=リュズの港
1927 ヤマザキマザック美術館
パリ,サンルイ島の先端
1928 長島美術館
ブーローニュ=シュル=メール港の眺め
1930 ポーラ美術館
アルジェの松
1932 ボルドー美術館 fr
レ・サーブル・ドロンヌの祝祭
1933 ボルドー美術館 fr
ル・ピラ
1935 ボルドー美術館 fr
ポン・ヌフとサマリテーヌ
1935 サントリーコレクション
ストックホルム、クレーン
1938 ボルドー美術館 fr
ポン・ヌフ夜景
1938 サントリーコレクション
ポルクロル島
1939 ボルドー美術館 fr
9月のポルケロール
1939 アイルランド国立美術館 ie
ポン・ヌフとサマリテーヌ
1940 ひろしま美術館
アルジェの港
1942 松岡美術館
霧のアルジェ港
1943 ボルドー美術館 fr
アルジェの港、ル・シャンポリオン
1944頃 ヤマザキマザック美術館
雪のコンティ河岸通り
1947 ボルドー美術館 fr
ツーロンの港
不明 松岡美術館
トゥーロン港の眺め
不明 東京富士美術館