ホーム   >   西洋画画家一覧   > カミーユ・ピサロ
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

ピサロ
 絵画作品と所蔵美術館

Camille Pissarro  カミーユ・ピサロ  1830. 7.10 - 1903.11.13 en  English
焚火をする若い農婦 』 1888  オルセー美術館

 Title  I  Year  Museum c
『 川沿いの小径
(ラ・ヴァレンヌ=サンティレール近く)
1864 ボルティモア美術館 us
『 ポントワーズ近郊のエルミタージュ 』 1867 ヴァルラフ=リヒャルツ美術館 de
『 ルーヴシエンヌのヴェルサイユ街道 』 1870 クラーク美術館 us
『 道、雨の効果 』 1870 クラーク美術館 us
『 ルーヴシェンヌのヴェルサイユ街道 』 1870 E.G.ビューレー・コレクション財団 ch
『 ブージヴァルのセーヌ河 』 1870 ブリヂストン美術館
『 水晶宮 』 1871 シカゴ美術館 us
『 ロードシップ・レイン駅、ダリッジ 』
1871 コートールド美術館 uk
『 ルヴシエンヌの村の道 』 1871 マンチェスター市立美術館 uk
『 ルーヴシエンヌの花咲く果樹園 』 1872 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 ミネットの肖像 』 1872 ワズウォース美術館 us
『 ポントワーズの閘門 』 1872 クリーブランド美術館 us
『 ヴォワザン村の入り口 』 1872 オルセー美術館 fr
『 ルーヴシエンヌ 』 1872 フォルクヴァンク美術館 de
『 ポントワーズ:冬のジソールへの道 』 1873 ボストン美術館 us
『 ポントワーズ付近のオワーズ川 』 1873 クラーク美術館 us
『 水びたしの野の風景 』

1873 ワズウォース美術館 us
『 自画像 』 1873 オルセー美術館 fr
『 中国製の花瓶に入った菊 』 1873 アイルランド国立美術館 ie
『 オスニーからポントワーズへ向かう道 』 1873 E.G.ビューレー・コレクション財団 ch
『 冬景色 』 1873 国立西洋美術館
『 モンフーコーのピエットの家 』 1874 クラーク美術館 us
『 エラニー、サン=シャルル 』 1891 クラーク美術館 us
『 モンフーコーの農園 』 1874 オルブライト=ノックス美術館 us
『 エルミタージュの裏庭、ポントワーズ 』 1874 スコットランド国立美術館 uk
『 レルミタージュの坂道、ポントワ-ズ 』 1875 ブルックリン美術館 us
『 ポントワーズのエルミタージュ 』 1875-76 フォルクヴァンク美術館 de
『 オワーズ川曇天、ポントワーズ 』 1876 nl
『 丸太作りの植木鉢と花 』 1876 松岡美術館
『 エルミタージュの祭り 』 1876-78 コートールド美術館 uk
『 赤い屋根、冬の効果 』 1877 オルセー美術館 fr
『 エルミタージュ地区のコート・デ・パブ 』 1877 ナショナル・ギャラリー,ロンドン uk
『 ポントワーズ、ライ麦畑とマチュランの丘 』 1877 静岡県立美術館
『 ポントワーズ近郊の風景 』 1878 コロンバス美術館 us
『 菜園 』 1878 ブリヂストン美術館
『 フルーエットの丘からの眺め、ポントワーズ 』 1878頃 茨城県近代美術館
『 雪のポントワーズの養兎場 』 1879 シカゴ美術館 us
『 雪の大通り 』 1879 マルモッタン・モネ美術館 fr
『 麦藁を積んだ荷馬車、モンフーコー風景 』 1879 DIC 川村記念美術館
『 街道(ラ・コート・ド・ヴァレルメーユ)』 1880 ボルティモア美術館 us
『 農婦 』 1880 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 シャポンバル風景 』 1880 オルセー美術館 fr
『 ポントワーズのロンデスト家の中庭 』 1880 大原美術館
麦わら帽子をかぶる田舎の少女 1881 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 小枝を持つ少女 』
1881 オルセー美術館 fr
立ち話 1881 国立西洋美術館
『 井戸端の若い女と子供 』 1882 シカゴ美術館 us
『 オーヴェールの丘 』 1882 nl
『 収穫 』 1882 国立西洋美術館
『 ポントワーズの農園 』 1882 鹿児島市立美術館
『 ルーアンの石橋と伝馬船 』 1883 コロンバス美術館 us
『 ルーアンの波止場 』 1883 コートールド美術館 uk
『 オスニーの風景 』 1883頃 コロンバス美術館 us
『 エラニーの教会と農園 』 1884 群馬県立近代美術館
『 エラニーの牛を追う娘 』 1884 埼玉県立近代美術館
『 エラニーの村の入口 』 1884 ポーラ美術館
『 エラニーの農園 』 1885 サントリーコレクション
『 エラニーの牧場 』 1885 上原近代美術館
『 エラニーの花咲く梨の木、朝 』 1886 ポーラ美術館
『 りんご採り 』 1886 大原美術館
『 ポントワーズの市場 』 1887 コロンバス美術館 us
『 洗濯物を干す女 』 1887 オルセー美術館 fr
『 耕作地にいる女 』 1887 オルセー美術館 fr
『 羊飼いの女 』 1887頃 松岡美術館
『 ラクロア島、ルーアン(霧の印象)』 1888 フィラデルフィア美術館 us
焚火をする若い農婦 1888 オルセー美術館 fr
『 小道 』 1889 デトロイト美術館 us
『 花咲くプラムの木 』 1889 姫路市立美術館
『 畑の農民、エラニー 』 1890 オルブライト=ノックス美術館 us
ロンドン、ハイドパーク 1890 東京富士美術館
『 ハンプコートの芝生 』 1891 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 エラニーの干し草の取り入れ 』 1892 シカゴ美術館 us
『 パリ、ル・アーヴル広場 』 1893 シカゴ美術館 us
緑のスカーフの女
1893 オルセー美術館 fr
『 クノッケの牧師館の庭,フランドル 』 1894 ノートン美術館 us
『 エラニーの日没 』 1894 ニューオリンズ美術館 us
『 森の浴女 』 1895 メトロポリタン美術館 us
『 エラニー:雪に映える朝日 』 1895 ボストン美術館 us
『 縫い物をする女性 』 1895 シカゴ美術館 us
『 エラニーの秋 』 1895 国立西洋美術館
『 ルーアン港の蒸気船 』 1896 メトロポリタン美術館 us
ルーアンのボワルデュー橋、夕日、霧のかかった天気
1896 オルセー美術館 fr
『 ル-アンの波止場・夕日 』 1896 ヤマザキマザック美術館
『 水浴する女たち(習作)』 1896 ひろしま美術館
『 パリのモンマルトル大通り 』 1897 エルミタージュ美術館 ru
『 エラニーの秋の朝 』 1897 プーシキン美術館 ru
『 謝肉祭、日没、モンマルトル大通り 』 1897 ヴィンタートゥール美術館 ch
『 エラニーの画家の庭 』 1898 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 ルーアンの港、材木の荷下ろし 』 1898 クラーク美術館 us
『 エラニー,6月の雨模様の日 』 1898 シカゴ美術館 us
『 ルーアンの日没 』 1898 国立ウェールズ美術館 uk
『 オペラ大通り、雪の効果、朝 』 1898 プーシキン美術館 ru
『 エラニーの菜園 』 1899 福島県立美術館
『 積み藁のあるエラニーの牧場 』 1899 村内美術館
『 カルーゼル広場、パリ 』 1900 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 冬のテュイルリーの庭園 』 1900 ニューオリンズ美術館 us
『 チュイルリー公園の午後 』 1900 サントリーコレクション
『 春 朝 曇り、エラニー 』 1900 東京富士美術館
『 秋 朝 曇り、エラニー 』 1900 東京富士美術館
『 午後の陽光、ポン・ヌフ 』 1901 フィラデルフィア美術館 us
ポン・ヌフから見たルーヴル宮、霜の降りた冬の朝の陽射し
1901頃 ホノルル美術館 us
『 ポン・ヌフから見たルーヴル 』 1902 クラーク美術館 us
『 ディエップの港 』 1902 サンフランシスコ美術館 us
『 ポン・ヌフ、パリ、雪景色 』 1902 国立ウェールズ美術館 uk
『 ポン・ヌフ 』 1902 ひろしま美術館
『 夏景色、エラニー 』 1887,1902 フィラデルフィア美術館 us
ル・アーブル港の桟橋 水先案内人(ル・アーブルに滞在するオンフルールの船)
1903 マルロー美術館 fr
ル・アーブル港の桟橋 スーサンプトンの突堤(出港するオンフルールの船)
1903 マルロー美術館 fr
『 ブリュージュの古い橋 』 1903 マンチェスター市立美術館 uk
『 カルゼール橋の午後 』 1903 松岡美術館


■ の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンクです。+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
右端の所蔵美術館ページへリンクいただくと、各作品のサイズと英文(仏文)のリストになっております。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。