ホームページ   
logo

気になるアート.com「今日の MyPage ツイート」

「今日の MyPage ツイート」バックナンバー 2020




1/ 12(日):
先月の落札アート作品は、常玉 SANYU の作品はありましたものの、毎年 12月は中国もののオークションであり、特に高額ではなかったため、そのリスト掲載はパスします。
1/ 11(土):
福田美術館の第2弾も興味深い展示ですね。早く、京都に行ってみたい。「個人蔵」という形でも表に出てなかった作品の所蔵が多いようで、どういう経由での蒐集だったのか興味あります。
1/ 10(金):
ロンドンオリンピックの際にも現代アーティストによるデザイン展があって、結構、話題になった覚えがあるが、今回の東京での開催がしけてるのは残念。ましてや作品を非難する人まで居るのは、どうしたことよ。
1/ 9(木):
年が明けて 気になるデパート物産展 、新春の物産展から2月のバレンタイン、続いて3~4月にかけての各種展へと数多く開催されます。美味しいもの食べに街に出かけよう。
1/ 8(水):
というような初夢を見たのだが、年初の日常が始まり、日々の喧噪に囲まれるや、早や、そういう意識も薄れていって、何かの啓示があったとも思えなくなってしまうという現実。。
1/ 7(火):
となると「知らない」という情報の電波のようなものは、いつもたくさん飛んでいるのかもしれない。キャッチできなければ、その人にとっては無意味なまま。
1/ 6(月):
夢の中に出て来る事象が、いかに奇想天外とはいえ、そこに知らない外国語や物理の公式や渋谷のギャル語などが出て来る訳ではない。内なる知識との組み合わせよって認識が出来て、初めて意識できるものであろう。
1/ 5(日):
となると、そこに意志があるのか否かは別として、外の何かがあるのかもしれない。遠い遠い底にある無意識が突如現れたのかもしれないが、内から湧いたのでは無く、やはり、上から降って来たと感じるのである。
1/ 4(土):
1日か2日遅れで初夢を見た。奇想天外なストーリーは外から降って来るものであり、それを意味付けするものは内から湧いてくるという夢だった。それは、夜中になると文章の神さまが降りてくるというのと同様だ。
1/ 3(金):
気になる美術展一覧 、全般に事前告知されるのが早まっているので、はや 今年のスケジュールも数多く発表されています。この調子だと年半ばに情報がショートすること、数回起きそうな感がします。
1/ 2(木):
オリンピック開催期間の企画展、 東京国立博物館 も浮世絵関係が開催されるかと思っていたら「 鳥獣戯画 」で来ましたね。前回開催されてから数年しか経っていないので、今回は海外から来られる方に譲ります。
1/ 1(水):
謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします。