ホーム   >   日本洋画画家一覧   > 山口薫  
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

山口薫
 絵画作品と所蔵美術館

やまぐち かおる 1907(M40). 8.13 - 1968(S43). 5.19 English  English
体の深~いところから沸き出ずる悲しさ、寂しさ。でも、コーヒーに少し落としたミルクのような優しさを含んでいるんです。この人の作品には。
 Title  Year  Museum  I
『 海岸の風景 』
1925 (T14)頃
群馬県立近代美術館
『 卓上の静物 』
1927 (S02)頃
群馬県立近代美術館
『 風景 』
1927 (S02)頃
群馬県立近代美術館
『 半蔵門附近 』
1927 (S02)頃
群馬県立近代美術館
『 動物園の風景 』
1928 (S03)頃
群馬県立近代美術館
『 読書する女 』
1925-29 (T14-S04)
目黒区美術館
『 巴里の屋根 』
1930 (S05)
目黒区美術館
『 婦人像 』
1931 (S06)
板橋区立美術館
『 緑衣横臥婦人像 』
1931 (S06)頃
群馬県立近代美術館
『 緑衣の女 』
1931 (S06)頃
群馬県立近代美術館
『 パリ、アレジアの教会 』
1932 (S07)
目黒区美術館
『 パリの画室から 』
1932 (S07)
群馬県立近代美術館
『 路傍のキリスト像(ブルターニュ)』
1932 (S07)
群馬県立近代美術館
『 寝た裸婦 』
1932 (S07)頃
群馬県立近代美術館
『 神話 』
1932 (S07)頃
群馬県立近代美術館
『 広場の十字架 』
1933 (S08)
群馬県立近代美術館
『 南仏・カッシス風景 』
1933 (S08)
世田谷美術館
『 カッシス風景 』
1933 (S08)
茨城県近代美術館
『 少女 』
1930-33 (S05-8)
目黒区美術館
『 風景 』
1930-33 (S05-8)
目黒区美術館
『 椅子にもたれる裸婦 』
1930-33 (S05-8)
目黒区美術館
『 和服の女 』
1934 (S09)
群馬県立近代美術館
『 足をあげている裸婦 』
1934 (S09)頃
群馬県立近代美術館
『 赤城の裾野 』
1935 (S10)
群馬県立近代美術館
『 裸女 』
1935 (S10)
群馬県立近代美術館
『 裸婦 』
1935 (S10)
茨城県近代美術館
『 梨 』
1936 (S11)
群馬県立近代美術館
『 神話 II 』
1934-37 (S09-12)
神奈川県立近代美術館
『 古羅馬の旅 』
1937 (S12)
東京国立近代美術館
『 黒曜石 』
1937 (S12)
世田谷美術館
『 地の星「娘と花」』
1937-47 (S12-22)
群馬県立近代美術館
『 紐 』
1939 (S14)
群馬県立近代美術館
『 蛸壺など 』
1939 (S14)
群馬県立近代美術館
『 水 』
1941 (S16)
群馬県立近代美術館
『 早春 』
1943 (S18)頃
群馬県立近代美術館
『 ブルターニュの回想 』
1947 (S22)
群馬県立近代美術館
『 矢 』
1947 (S22)
世田谷美術館
『 十和田紀行 』
1948 (S23)
東京藝術大学大学美術館
『 クリスタル壺 』
1948 (S23)
群馬県立近代美術館
『 箕輪址の崖 』
1948 (S23)
群馬県立近代美術館
『 裸婦 』
1948 (S23)
メナード美術館
『 残雪の木々 』
1949 (S24)
群馬県立近代美術館
『 画室の森 』
1949 (S24)
岐阜県美術館
『 水 』
1949 (S24)頃
群馬県立近代美術館
『 沼辺の裸婦 』
1949 (S24)
府中市美術館
母子
1951 (S26)
東京国立近代美術館
『 花子誕生 』
1951 (S26)
群馬県立近代美術館
『 子供のための楽曲「田園」』
1952 (S27)
東京国立近代美術館
『 春の鳥 』
1952 (S27)
東京都現代美術館
『 水と畑と残雪 』
1952 (S27)
横須賀美術館
『 林の幻影 』
1953 (S28)
群馬県立近代美術館
『 ボタン雪と騎手 』
1953 (S28)
愛知県美術館
『 季節の哀歓「田圃と烏」』
1953 (S28)
京都国立近代美術館
『 火の鳥 』
1953-54 (S28-29)
メナード美術館
『 ノートルダァム 』
1954 (S29)
群馬県立近代美術館
『 夜明けの顔 』
1954 (S29)
新潟県立近代美術館
『 孤独者のすまい 』
1955 (S30)
群馬県立近代美術館
『 白痴の愛・あやこ 』
1955 (S30)
群馬県立近代美術館
『 浮ぶ(蜘蛛の糸と裸婦)』
1956 (S31)
群馬県立近代美術館
『 歳月の記録 』
1956 (S31)
群馬県立近代美術館
『 着物の十字架(島原最後の日)』
1956 (S31)
大川美術館
『 田園詩 』
1956 (S31)
東京国立近代美術館
千手(黒婦人)像
1957 (S32)
神奈川県立近代美術館
『 ある空間の記 』
1957 (S32)
メナード美術館
『 雪原 』
1958 (S33)
茨城県近代美術館
『 林と動物 』
1958 (S33)
新潟県立近代美術館
『 娘の肖像 おぼへがき 』
1959 (S34)
世田谷美術館
『 矢羽根飛ぶ 』
1959 (S34)
群馬県立近代美術館
『 鎧と矢 』
1959 (S34)
群馬県立近代美術館
『 十姉雀 』
1959 (S34)
静岡県立美術館
『 或る海の網 』
1959 (S34)
新潟県立近代美術館
『 水に題して余光の沼面 』
1960 (S35)
練馬区立美術館
『 海辺のテント 』
1960 (S35)
群馬県立近代美術館
『 サラサラ粉雪降る 』
1960 (S35)
群馬県立近代美術館
『 鳥と娘と矢羽の譜 』
1960 (S35)
メナード美術館
『 暗い沼と馬二頭 』
1961 (S36)
神奈川県立近代美術館
『 荒れた小さい菱形の沼 』
1962 (S37)
東京国立近代美術館
『 沼地で飛ぶ飛行機 』
1962 (S37)
笠間日動美術館
『 黒い顔 』
1962 (S37)
宇都宮美術館
『 氷湖(小さい氷湖)』
1962 (S37)
京都国立近代美術館
『 竹の園生 』
1963 (S38)
東京藝術大学大学美術館
『 ある都 』
1963 (S38)
群馬県立近代美術館
『 竹やぶの裏門 』
1963 (S38)
府中市美術館
『 蔦の屏とらくがきの牛 』
1964 (S39)
神奈川県立近代美術館
『 水田を飛ぶカーチス式軽飛行機 』
1964 (S39)
群馬県立近代美術館
『 丸い沼と春の雪 』
1964 (S39)
福岡市美術館
『 水門の裏と表 』
1965 (S40)
群馬県立近代美術館
『 北海道所見「温泉熱利用の製塩場」』
1965 (S40)
世田谷美術館
『 竹の林と娘の顔 』
1966 (S41)
群馬県立近代美術館
『 林の中の小鳥のアパート 』
1966 (S41)
群馬県立近代美術館
『 月と道産子 』
1967 (S42)
群馬県立近代美術館
『 白樺林の馬と池 』
1967 (S42)
群馬県立近代美術館
『 しのぶ鎧 』
1967 (S42)
群馬県立近代美術館
『 金環色(触)の若駒 』
1968 (S43)
群馬県立近代美術館
『 若い月の踊り 』
1968 (S43)
群馬県立近代美術館
おぼろ月に輪舞する子供達
1969 (S44)
何必館 京都現代美術館
『 観音山 』
不明
群馬県立近代美術館

【 略歴 】
 1907 (M40) : 8/13 群馬県群馬郡箕輪村 生まれ。農家で育つ
 1925 (T14) : 東京美術学校 西洋学科入学。在学中から帝展、国画展、1930年協会展、二科展に入選
 1930 (S05) : 卒業。渡仏、ヨーロッパ各地、エジプト歴訪。~ 1933 帰国
 1933 (S08) : 長谷川三郎、矢橋六郎、村井正誠 らと共に「新時代洋画展」を組織
 1937 (S12) : 「自由美術家協会」結成
 1950 (S25) : 村井正誠、矢橋六郎、荒井龍男、植木茂 らと共に「モダンアート協会」結成
 1953 (S28) : 東京藝術大学で後進を育成。59年に助教授。64年から教授
 1958 (S33) : 『 林と動物 』で、第2回グッゲンハイム賞国際美術展日本国内賞 受賞
 1959 (S34) : 第10回 毎日美術賞 受賞
 1960 (S35) : 『 矢羽根飛ぶ 』他で、芸術選奨文部大臣賞 受賞
 1968 (S43) : 5/19 東京にて逝去


■,
の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンク、+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。