気になるアート.com

- 日本と世界の美術館所蔵近現代絵画と美術展総合情報サイト

en  English
今日の MyPage ツイート
1/ 24(水):
昨日は関東でも、よく雪が降りました。雪景色描写の絵画は、そう多くないように思います。多分に、外に出ていては寒くて、手もかじかんでしまうからでしょう。チューブの発明が画家を郊外へ連れ出したようにはいきません。チューブの前は豚の膀胱が絵具入れでした。
しっかし、綺麗な雪景色から豚の膀胱を連想してしまうとは。(笑)
1/ 23(火):
とはいえ、日露戦争後の日本で「義」を再定義しようとした彼の意図は、どこにあったのでしょう。また、それは、その後の社会に、どんな影響を与えて行ったのでしょうね。資料が、どう残っているのか不明ですが、少し調べてみようと思います。
1/ 22(月):
明治末期、福本日南 は、当時フィクションの混じった「忠臣蔵」を史実に基づき定義し直し、中央義士会を立てて、その啓蒙普及を進めました。絵画作品は、そのプロパガンダの一手段だったのですね。おかけで、大正期の優れた画家たちによる挿絵的作品が残ったのは、ありがたい次第です。
1/ 21(日):
『義士大観』は、てっきり「仮名手本忠臣蔵」の各シーン描写と思っていたのですが、そうでは無く、明治期の政治家でありジャーナリストであった 福本日南 による著作物「義士大観解説」もしくは「元禄快挙録」に合わせて描かれたものでした。
1/ 20(土):
『義士大観』を観に、川越の先にある城西大学の水田美術館に行ってきました。今日が最終日。前後半で半分ずつの展示で、半分は会えませんでしたが、 山川秀峰菊池契月 等の作品に会えました。中でも 島成園 の作品は、着物の触感まで感じるような、とても柔らかい表現の秀作。
1/ 19(金):
Googleカレンダーの影響か、最近、美術館もデパートも予定をカレンダー形式で表記される所が増えてきました。それは日々、何度も利用する人(つまりサイトの作成者)には便利な方式かと思いますが、時々ぱっと見チェックが多い人(つまり利用者)にとっては判断し難いものです。
1/ 18(木):
「西郷どん」ということで、 鹿児島市立美術館 で何か展覧会ありそうですが、来年度のスケジュールは発表まだ。一方、 江戸東京博物館 は改修工事の閉館中で、こちらも展覧会予定は判らず。
1/ 17(水):
内村鑑三『代表的日本人』の「西郷隆盛」の中で、坂本龍馬は登場しません。それは、明治期には龍馬の評価が高くなかったことでもあるでしょうし、内村鑑三的評価の基準には乗らなかったことも考えられます。
バックナンバー

美術展一覧スケジュール   - スマホ版
画家別作品リスト 現掲載作品数: 14,200
日本の美術館一覧
東京   - Tokyo 関東(東京以外)   - Kanto
中部   - Chubu 信越/北陸   - Shinetsu/ Hokuriku
近畿   - Kinki 北海道/東北   - Hokkaido/ Touhoku
中国   - Chugoku 九州/四国   - Kyushu/ Shikoku
世界の美術館一覧
アメリカ   - USA イギリス/北欧   - UK/ Northern Europe
フランス   - France ドイツ/近隣   - Germany/ Europe
アジア 他   - Asia
物語と絵画:
   古事記平家物語仮名手本忠臣蔵好色五人女
   長恨歌蘭亭序信長公記
画家アクセス・ランキング( 2017年 4月 ~9月 )
画家の誕生日一覧
美術の切手
美術館 ツイッター/フェイスブック

管理人のアート・ブログ このサイトについて / 使い方
サイトマップ
ご意見/ご感想はこちらからお願いします

 気になるシリーズ番外編
気になるデパート物産展: 東京・関東  - スマホ版
大阪・名古屋・新潟・札幌
イベント会場 展示会一覧  - スマホ版
身に迫り来るかもしれない危険
美術館と駅シリーズ(山手線)
電車の揺れ測定

気になるアート.com は、近現代絵画を中心に所蔵する国内外の美術館の情報を一覧化し、美術展覧会等をブログと組み合わせてオールドマスターや現代アートも含め、最新Webサービスのニュースなど、気になる・おすすめのアート関連情報を日々お送りしているサイトです。中学生から使える内容であるよう作成しています。