ホーム   >   日本洋画画家一覧   > 藤島武二  
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

藤島武二
 絵画作品と所蔵美術館

ふじしま たけじ 1867.10.15(慶応3. 9.18) - 1943(S18). 3.19
藤島武二『 蝶 』
日本画の雰囲気を残しながらも、明らかに洋画であり、江戸期の絵でもない。明治37年という当時、近代日本画が依然、黎明期にあった時期であることを思うと、その感性に再度びっくりしちゃうのだ。
』 1904 (M37) 44.5*44.3  ▲ 切手   個人蔵
 Title  Year  Museum  I
『 桜の美人 』
1892-93 (M25-26)頃
石水博物館
『 桜狩(習作)』
1893 (M26)頃
鹿児島市立美術館
池畔納涼
1897 (M30)
東京藝術大学大学美術館
『 逍遙 』
1897 (M30)
東京藝術大学大学美術館
『 浜辺 』
1898 (M31)
丸紅株式会社
『 浜辺 』
1898 (M31)
三重県立美術館
『 漁村の風景 』
1898 (M31)
長島美術館
『 造花 』
1901 (M34)
東京藝術大学大学美術館
『 天平の面影 』
1902 (M35)
石橋美術館
『 潮汲み 』
1902 (M35)
鹿児島市立美術館
『 桃花裸婦 』
1902 (M35)頃
ひろしま美術館
『 獅子の子落し 』
1903 (M36)
石井記念友愛社
『 自画像 』
1903 (M36)頃
石橋美術館
』   ▲ 切手
1904 (M37)
個人蔵
『 夢想 』
1904 (M37)
横須賀美術館
『 巴里寓居の記念 』
1906-7 (M39-40)
いなり記念館
『 西洋婦人像 』
1906-7 (M39-40)
島根県立石見美術館
『 西洋婦人像 』
1906-7 (M39-40)
メナード美術館
『 ヴェルサイユ風景 』
1906-7 (M39-40)
石橋美術館
『 裸体習作 』
1906-7 (M39-40)頃
鹿児島市立美術館
『 ヨット 』
1908 (M41)
東京藝術大学大学美術館
『 スイス風景 』
1908 (M41)
ブリヂストン美術館
『 ルツェルン 』
1908 (M41)
ブリヂストン美術館
『 レマン湖 』
1908 (M41)
三重県立美術館
『 幸ある朝 』
1908 (M41)
泉屋博古館
『 ヴェニス風景 』
1908 (M41)
セキ美術館
『 イタリア婦人像 』
1908 (M41)
福岡市美術館
『 ネミ湖 』
1908 (M41)
石橋美術館
『 イタリア婦人像 』
1908 (M41)頃
東京藝術大学大学美術館
『 ボンペイの廃墟 』
1908 (M41)頃
茨城県近代美術館
『 糸杉(ヴィラ・フェルコニエリ)』
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 ポンペイ遺跡 』
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 半裸婦人像 』
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 ローマの遺跡 』
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 ローマの寺院 』
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 ローマの郊外 』
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 ナポリ湾 』
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 黒扇 』   ▲ 切手 藤島武二:黒扇
1908-9 (M41-42)
ブリヂストン美術館
『 イタリア風景(ローマ郊外)』
1908-9 (M41-42)
中村研一記念美術館
『 アッシジ風景 』
1908-9 (M41-42)
横須賀美術館
『 噴水のある池 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 ヴィラ・デステの池 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 チョチャラ 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 池畔の女 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 池 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 糸杉 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 ポンペイ 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 イタリアの海 』
1908-9 (M41-42)
石橋美術館
『 老人像 』
1908-9 (M41-42)
佐賀県立美術館
『 噴水 』
1908-9 (M41-42)
鹿児島市立美術館
『 風景(ティヴォリ,ヴィラ・デステの池)
1909 (M42)
東京藝術大学大学美術館
『 T氏肖像 』
1909 (M42)
神奈川県立近代美術館
『 ヴェニス風景 』
1908-9 (M41-42)頃
笠間日動美術館
『 うつつ 』
1913 (T02)
東京国立近代美術館
『 朝鮮風景 』
1913 (T02)
三重県立美術館
『 花籠 』
1913 (T02)
京都国立近代美術館
『 朝鮮風景 』
1913 (T02)
岩崎美術館
『 朝鮮風景 』
1913 (T02)
岩崎美術館
『 朝鮮婦人 』
1914 (T03)頃
石橋美術館
『 朝鮮婦人 』
1914 (T03)頃
石橋美術館
『 匂い 』
1915 (T04)
東京国立近代美術館
『 空 』
1915 (T04)
岩崎美術館
『 静 』
1916 (T05)
東京国立博物館
『 山中湖畔の朝 』
1916 (T05)
福岡県立美術館
『 湖畔の裸婦 』
1916 (T05)頃
講談社野間記念館
『 水浴 』
1916 (T05)頃
講談社野間記念館
『 アルチショ 』
1917 (T06)
東京国立近代美術館
『 大川端残雪 』
1917 (T06)
三菱地所株式会社
裸婦
1917 (T06)
三重県立美術館
『 騎馬婦人像 』
1918 (T07)頃
長島美術館
『 カンピドリオのあたり 』
1919 (T08)
大阪市立近代美術館建設準備室
『 女の顔 』
1921 (T10)
ウッドワン美術館
アマゾーヌ
1924 (T13)
岩崎美術館
『 唐様三部作 』
1924 (T13)頃
石橋美術館
『 朝鮮婦人二題 』
1924 (T13)頃
石橋美術館
芳蕙
1926 (T15)
個人蔵
女の横顔 』   ○ 本
1926-27 (T15-S02)
ポーラ美術館
『 鉸剪眉 』
1927 (S02)
鹿児島市立美術館
『 菊(湖畔静物)』
1928 (S03)
林野庁
『 淡路島遠望 』
1929 (S04)
ブリヂストン美術館
『 海浜風景 』
1929 (S04)
府中市美術館
『 日の出(伊勢朝熊山からの眺望)』
1930 (S05)
三重県立美術館
『 潮岬海景 』
1931 (S06)
ブリヂストン美術館
『 大洗の日の出 』
1931 (S06)
茨城県近代美術館
『 浪(大洗)』
1931 (S06)
石橋美術館
『 潮岬風景 』
1931 (S06)
鹿児島市立美術館
『 大洗海岸 』
1931 (S06)
大分市美術館
『 日の出 』
1931 (S06)頃
講談社野間記念館
『 日の出 』
1931 (S06)頃
笠間日動美術館
『 龍眼肉静物(れい枝)』
1931 (S06)頃
上原近代美術館
『 旭日(潮岬)』
1931 (S06)頃
天一美術館
『 日の出 』
1931 (S06)頃
ひろしま美術館
『 暁の海 』
1931-32 (S06-7)頃
メナード美術館
『 東海旭光 』
1932 (S07)
ブリヂストン美術館
『 大王岬の日の出 』
1932 (S07)
ポーラ美術館
『 大王岬に打ち寄せる怒濤 』
1932 (S07)
三重県立美術館
『 大王崎 』
1932 (S07)
泉屋博古館
『 大王岬に打ち寄せる怒濤 』
1932 (S07)
ひろしま美術館
『 屋島よりの遠望 』
1932 (S07)
国立公園協会
『 屋島よりの遠望 』
1932 (S07)
石橋美術館
『 五剣山の日の出 』
1932 (S07)
香川県文化会館
『 五剣山の日の出 』
1932 (S07)
石橋美術館
『 台南風景 』
1933 (S08)
神奈川県立近代美術館
『 杏花 』
1933 (S08)
長野県信濃美術館
『 杏花の村 』
1933 (S08)
鹿児島市立美術館
『 聖廟(台南)』
1933 (S08)頃
東京国立近代美術館
『 台湾台南聖廟の裏木戸 』
1933-35 (S08-10)頃
北野美術館
『 台南聖廟 』
1933-35 (S08-10)頃
宮崎県立美術館
『 山上の日の出(碓氷峠)』
1934 (S09)
富山県立近代美術館
『 奈良風景 』
1934 (S09)
石橋美術館
『 港の朝陽 』
1935 (S10)
東京国立近代美術館
『 神戸港の朝陽 』
1935 (S10)
京都市美術館
室戸遠望
1935 (S10)
泉屋博古館
『 旭光(新高山)』
1935 (S10)
石橋美術館
『 荒れる日 』
1935 (S10)頃
上原近代美術館
『 台湾の女 』
1935-36 (S10-11)頃
メナード美術館
『 東京帝國大学行幸 』
1936 (S11)
聖徳記念絵画館
『 旭日照六合 』
1937 (S12)
宮内庁三の丸尚蔵館
『 蒙古の日の出 』
1937 (S12)
石橋美術館
『 麻姑献寿 』
1937 (S12)
岩崎美術館
『 耕到天 』
1938 (S13)
郡山市立美術館
『 耕到天 』
1938 (S13)
メナード美術館
『 耕到天 』
1938 (S13)
大原美術館
『 中国風景 』
1938 (S13)
鹿児島市立美術館
『 蘇州河激戦の跡 』
1939 (S14)
笠間日動美術館
『 蘇州河激戦の跡 』
1939 (S14)
佐賀県立美術館
『 少女 』
1940 (S15)
鹿児島市立美術館
『 上海黄浦江 』
1941 (S16)
東京国立博物館
『 裸婦 』
1941 (S16)
鹿児島市立美術館
『 港の朝陽 』
1943 (S18)
ブリヂストン美術館
『 マンドリンを弾く女 』
不明
朝日新聞社
『 日の出 』
不明
新潟県立近代美術館
『 風景 』
不明
髙島屋史料館
『 椿を持つ婦人 』
不明
福岡市美術館
『 赤布の少女 』
不明
鹿児島市立美術館
『 婦人像 』
不明
長島美術館
『 婦人半身像 』
不明
長島美術館
『 花 』
不明
長島美術館
『 日の出 』
不明
長島美術館
『 港 』
不明
岩崎美術館
【 語録 】 絵画のエスプリというのは、即ち画面の裏にかくされている作者の気持ちを言うのである。作品には必ず作者のエスプリが現れておらねばならぬ。

 このサイトでは、藤島武二 以外の画家の作品も、とても豊富に掲載しております。
  → 日本洋画 画家一覧   → 日本画 画家一覧   → 西洋画 画家一覧
 トップページでは 日々のショート・エッセイ を書いておりますので、よろしければ お立ち寄りください。


■,
の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンク、◆ は Googleアート&カルチャー、+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。