ホーム   >   西洋画画家一覧   > エドゥアール・マネ
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

マネ
 絵画作品と所蔵美術館

Édouard Manet  エドゥアール・マネ  1832. 1.23 - 1883. 4.30 en  English

『 草上の昼食 』と『 オランピア 』をもって天上の裸婦を地上に引きずり降ろしたことは、それ自体センセーショナルなことであったが、ジャーナリスト/文筆家のゾラによる強い推挙も、マネの成功に影響していただろう。
黒が冴える油彩画も特徴だが、オルセー美術館に所蔵の多い、パステル画の女性肖像画の数々もいい。

エミール・ゾラ 』 1868  オルセー美術館
 Title  I  Year  Museum c
『 街の歌い手 』 1862頃 ボストン美術館 us
『 スペイン人の歌手 』 1860 メトロポリタン美術館 us
ベラスケスの想い出 あるいはスペインの騎士と盆を持った子供
1860 リヨン美術館 fr
『 サラマンカの学生たち 』 1860 ポーラ美術館
『 かき 』 1862 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 老いた音楽家 』 1862 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 スペイン舞踊 』 1862 フィリップス・コレクション us
『 ローラ・ド・ヴァランス 』 1862 オルセー美術館 fr
『 チュイルリー公園の音楽会 』 1862 ナショナル・ギャラリー,ロンドン uk
『 扇を持つ女(ジャンヌ・デュヴァルの肖像)』 1862 ブダペスト美術館 hu
『 ヴィクトリーヌ・ムーラン 』 1862頃 ボストン美術館 us
草上の昼食
1863 オルセー美術館 fr
『 草上の昼食 』 1863頃 コートールド美術館 uk
オランピア
1863 オルセー美術館 fr
『 死せる闘牛士(死せる男)』 1863-64 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 キアサージ号とアラバマ号の海戦 』 1864 フィラデルフィア美術館 us
『 シャクヤクと剪定鋏 』 1864 オルセー美術館 fr
『 シャクヤクと剪定鋏 』 1864 オルセー美術館 fr
フェリペ4世のお抱え道化師,パブリリョス・デ・バリュドリードの肖像
1865 コロンバス美術館 us
『 杖を持つ男(ベラスケスによる)』 1865頃 メナード美術館
『 闘牛 』 1865-66 オルセー美術館 fr
『 しゃくやく 』 1865頃 メトロポリタン美術館 us
『 挨拶する闘牛士 』 1866 メトロポリタン美術館 us
『 悲劇役者
(ハムレットに扮するルヴィエール)
1866 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 ロンシャンの競馬 』 1866 シカゴ美術館 us
笛を吹く少年
1866 オルセー美術館 fr
『 メロンと桃の静物 』 1866頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 キング・チャールズ・スパニエル犬 』 1866頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 エミール・ゾラ 』 1868 オルセー美術館 fr
『 テオドール・デュレの肖像 』 1868 パリ、プティ・パレ美術館 fr
『 皇帝マクシリミアンの処刑 』 1867-68頃 ナショナル・ギャラリー,ロンドン uk
『 浜辺にて 』 1868頃 デトロイト美術館 us
バルコニー
1868-69 オルセー美術館 fr
『 フォークストーンの汽船の出港 』 1869 フィラデルフィア美術館 us
『 ブローニュ港の上の明るい月 』 1869 オルセー美術館 fr
『 ベルト・モリゾ 』 1869頃 クリーブランド美術館 us
『 プティ=モンルージュの教会、パリ 』 1870 国立ウェールズ美術館 uk
『 虐殺 』 1871 フォルクヴァンク美術館 de
『 アルカションの室内 』 1871 クラーク美術館 us
『 オロロン=サント=マリー 』 1871 E.G.ビューレー・コレクション財団 ch
『 ハーレムの女 』 1871頃 E.G.ビューレー・コレクション財団 ch
スミレの花束を持つベルト・モリゾ
1872 オルセー美術館 fr
『 ヴェールを被ったベルト・モリゾ 』 1872 ジュネーブ プチ・パレ美術館 ch
『 バラ色のくつ(ベルト・モリゾー)』 1872 ひろしま美術館
鉄道
1872-73 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 タールを塗られるボート 』 1873 バーンズ財団美術館 us
『 オペラ座の仮面舞踏会 』 1873 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 オペラ座の仮装舞踏会 』 1873 ブリヂストン美術館
『 ベルクの浜辺 』 1873 ワズウォース美術館 us
『 横たわるベルト・モリゾの肖像 』 1873 マルモッタン・モネ美術館 fr
『 燕 』 1873 E.G.ビューレー・コレクション財団 ch
『 浜辺にて 』 1873 オルセー美術館 fr
ボート遊び
1874 メトロポリタン美術館 us
『 アルジャントゥイユ 』 1874 国立ウェールズ美術館 uk
『 たま、日本の犬 』 1875頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 ステファヌ・マラルメの肖像 』 1876 オルセー美術館 fr
『 スケート 』 1877 ハーバード美術館 us
『 ハムレットを演じるフォール 』 1877 フォルクヴァンク美術館 de
『 アントナン・プルーストの肖像 』 1877-80頃 プーシキン美術館 ru
『 プラム酒 』 1877頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 自殺者 』 1877頃 E.G.ビューレー・コレクション財団 ch
『 黒い肩掛けの女 』 1878頃 シカゴ美術館 us
『 裸の胸のブロンド 』 1878頃 オルセー美術館 fr
『 新聞を読む女性 』 1878-79 シカゴ美術館 us
『 給仕する女 』 1878-79 オルセー美術館 fr
自画像 1878-79 ブリヂストン美術館
『 温室のマネ夫人 』 1879 オスロ国立美術館 no
『 ブラン氏の肖像 』 1879 国立西洋美術館
『 スペインの舞踏家 』 1879 村内美術館
『 ベンチにて 』 1879 ポーラ美術館
ラテュイユ親父の店
1879 トゥルネ美術館

The Garden of Pere Lathuille
95.0*115.0
fr
『 舞踏会にて 』 1870-80 コートールド美術館 uk
『 カルメンに扮したエミリー・アンブルの肖像 』 1880 フィラデルフィア美術館 us
『 アスパラガス 』    1880 ヴァルラフ=リヒャルツ美術館 de
『 アスパラガス 』 1880 オルセー美術館 fr
『 レモン 』 1880 オルセー美術館 fr
『 花の中の子供(ジャック・オシュデ)』 1880 国立西洋美術館
『 カフェ・コンセールの一隅 』 1878-80頃 ナショナル・ギャラリー,ロンドン uk
散歩 1880頃 東京富士美術館
『 帽子屋にて 』 1881 サンフランシスコ美術館 us
『 秋(メリー・ローランの肖像)』 1881 ナンシー美術館 fr
『 うさぎ 』 1881 国立ウェールズ美術館 uk
『 大みみずく 』 1881 E.G.ビューレー・コレクション財団 ch
『 白菊の図 』 1881 茨城県近代美術館
『 黒い帽子のマルタン夫人 』 1881 メナード美術館
『 薄布のある帽子をかぶる女 』 1881 大原美術館
『 ロシュフォールからの脱出 』 1881頃 オルセー美術館 fr
『 花瓶のモスローズ 』 1882 クラーク美術館 us
フォリー=ベルジェールのバー
1882 コートールド美術館 uk
『 メリー・ローラン 』 1882 ブリヂストン美術館
『 灰色の羽根帽子の婦人 』 1882 ひろしま美術館
『 ガラスの花瓶の花 』 1882頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー us
『 読書 』
不明 (1848-83)
オルセー美術館 fr
『 テーブルクロスの上の二本の薔薇 』 1882-83 ニューヨーク近代美術館 us
【語録】 何よりも絵画が好きでなければ画家ではない。それには技巧を知っているだけは十分ではなく、心を動かさなければならないのだ。



「 マネとモダン・パリ 」 展の感想
  2010 (H22). 4. 6 - 2010. 7. 25   三菱一号館美術館

■, □ の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンクです。+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
右端の所蔵美術館ページへリンクいただくと、各作品のサイズと英文(仏文)のリストになっております。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。