logo  気になるアート.com : マグリット

マグリット
 絵画作品と所蔵美術館

René Magritte ルネ・マグリット 1898.11.21 - 1967. 8.15  en  English

マグリット
かなりの悪ガキだったマグリットは成人してまっとうにはなったものの、その遊び心の精神(「人をくった」というのが近いか)は絵画の上で大いに発揮された。まず、題名で作品を理解しようとしてはいけない。まんまと「一杯食わされる」だろう。しかし、その後で、そのアイディア・計算の奥の深さに驚嘆させられるのである。
「 マグリット展 」図録 2015. 3.25 - 6.29 開催 at 国立新美術館
  作品は『 ゴルコンダ 』1953 80.0*100.3 メニル・コレクション

切手  ポスターを買う  書籍・画集を買う

 Title  Year  Museum  I  c
水浴の女
1925 シャルルロワ美術館 be
旅の想い出
1926 ポンピドゥー・センター fr
影の漂流物
1926 グルノーブル美術館 fr
出会い
1926 de
庶民的なパノラマ
1926 de
真夜中の結婚
1926 ベルギー王立美術館 be
冒険の衣服
1926 DIC 川村記念美術館
博学な樹
1926 新潟市美術館
脅かされる暗殺者

1927 ニューヨーク近代美術館 us
二重の秘密
1927 ポンピドゥー・センター fr
秘密の遊技者
1927 ベルギー王立美術館 be
中世のパニック
1927 ベルギー王立美術館 be
外海の男
1927 ベルギー王立美術館 be
ポール・ヌジェの肖像
1927 ベルギー王立美術館 be
発見
1927 ベルギー王立美術館 be
ことばの用法
1927-28 ベルギー王立美術館 be
女盗賊
1927頃 ベルギー王立美術館 be
夢遊病者
1927-28 フォルクヴァンク美術館 de
偽りの鏡
1928 ニューヨーク近代美術館 us
恋人たち

1928 ニューヨーク近代美術館 us
空間の声
1928 オルブライト=ノックス美術館 us
秘密の生
1928 クリーブランド美術館 us
眠りをむさぼる人
1928 テート・モダン uk
新聞を読む男
1928 テート・モダン uk
狂気について瞑想する人物
1928 ベルギー王立美術館 be
とてつもない日々
1928 de
失われた世界
1928 ヴィンタートゥール美術館 ch
恋人たち
1928 オーストラリア国立美術館 au
無謀な企て

1928 豊田市美術館
カーテンの宮殿, III
1928-29 ニューヨーク近代美術館 us
六大元素
1929 フィラデルフィア美術館 us
不穏な天気
1929 スコットランド国立近代美術館 us
告知
1930 テート・モダン uk
永遠の証明
1930 メニル・コレクション us
自由への門口にて
1930 nl
天空の声
1931 グッゲンハイム美術館 us
テンペスト
1931頃 ワズウォース美術館 us
1932-35 シカゴ美術館 us
人間の条件
1933 us
予期せぬ答え
1933 ベルギー王立美術館 be
凌辱
1934 メニル・コレクション us
肖像
1935 ニューヨーク近代美術館 us
赤いモデル
1935 ポンピドゥー・センター fr
赤いモデル
1935 ストックホルム近代美術館 se
ジョルジェット
1935 姫路市立美術館
イレーヌ・アモワールの肖像
1936 ベルギー王立美術館 be
禁じられた書物
1936 ベルギー王立美術館 be
生命線
1936 ポーラ美術館
赤いモデル III
1937 nl
不許複製

1937 nl
イラスト付き若者
1937 nl
短刀で刺された継続時間

1938 シカゴ美術館 us
自由の入口で
1937 シカゴ美術館 us
夏の階段
1938 ポンピドゥー・センター fr
前兆
1938 ポーラ美術館
復讐
1938-39 アントワープ王立美術館 be
ガラスの家
1939 nl
瀉血
1939 nl
1939 nl
帰還
1940 ベルギー王立美術館 be
宝島
1942 ベルギー王立美術館 be
星座
1942 メナード美術館
人間嫌いたち
1942 広島県立美術館
陵辱
1945 ポンピドゥー・センター fr
1945 宇都宮美術館
感傷的な対話 Ⅱ
1947 DIC 川村記念美術館
観光案内人
1947 姫路市立美術館
ストロピア
1948 ポンピドゥー・センター fr
シェヘラザード
1948 ベルギー王立美術館 be
精神の自由
1948 シャルルロワ美術館 be
水滴
1948 ポーラ美術館
光の帝国, II
1950 ニューヨーク近代美術館 us
会話術
1950 ニューオリンズ美術館 us
媚薬
1951 ニューオリンズ美術館 us
ゴルコンダ
1953 メニル・コレクション us
自然の驚異
1953 シカゴ現代美術館 us
模範例
1953 ポンピドゥー・センター fr
光の帝国
1954 ベルギー王立美術館 be
旅の記憶
1955 ニューヨーク近代美術館 us
9月16日
1956 アントワープ王立美術館 be
9月16日
1956 チューリヒ美術館 ch
無知な妖精
1956-57 シャルルロワ美術館 be
レディ・メイドの花束
1957 大阪中之島美術館
青春の泉
1957-58 横浜美術館
ガラスの鍵
1959 メニル・コレクション us
記念日
1959 オンタリオ美術館 ca
ピレネーの城
1959 イスラエル博物館 il
ある聖人の回想
1960 メニル・コレクション us
精神の現在
1960 ルートヴィヒ美術館 de
アルンハイムの領地

1962 ベルギー王立美術館 be
同族意識
1963 カーネギー美術館 us
真実の探求
1963 ベルギー王立美術館 be
大家族
1963 宇都宮美術館
真実の井戸
1963 富山県美術館
現実の感覚
1963 宮崎県立美術館
嵐の岬
1964 アントワープ王立美術館 be
幕の宮殿
1964 姫路市立美術館
白紙委任状
1965 us
再開
1965 東京富士美術館
1966 サンディエゴ美術館 us
観念
1966 東京富士美術館
王様の美術館
1966 横浜美術館
宝石
1966-67 姫路市立美術館

【 語録 】

私たちは常に、見えるものによって隠されたものを見たいと願っています。隠されたものと、見えることが私たちに見えなくしているものに関心があるのです。


※ マグリット 関連情報
※ アーティスト一覧
※ 各地方の美術館一覧
※ 物語と絵画
※ 番外編