ホーム   >   日本画画家一覧   > 甲斐庄楠音  
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

甲斐庄楠音
 絵画作品と所蔵美術館

かいのしょう ただおと 1894(M27).12.23- 1978(S53). 6.16
この人の一時期の作品は “でろりん” という奇妙な言葉で評される。千年の京の夜の魔界とすれ違う、その瞬間を感じてとらえた世界なのかもしれない。後年、彼は映画の美術担当として活躍したが、まさに彼の日本画的和服の少し腰の曲がった女性が登場する。
 Title  Year  Museum  I
『 太夫と禿 』
1912 (T01)頃
京都国立近代美術館
『 花札と女 』
1912-26(大正期)
東京都現代美術館
『 露の乾ぬ間 』
1915 (T04)
京都国立近代美術館
『 桂川の場へ 』
1915 (T04)
京都国立近代美術館
『 虹のかけ橋 』
1915-76 (T04-S51)
京都国立近代美術館
『 遊女 』
1915 (T04)頃
京都国立近代美術館
『 娘 』
1915 (T04)頃
京都国立近代美術館
『 畜生塚 』
1915 (T04)頃
京都国立近代美術館
『 毛抜 』
1915 (T04)頃
京都国立近代美術館
横櫛
1916 (T05)頃
京都国立近代美術館
『 秋心 』
1917 (T06)
京都国立近代美術館
『 横櫛 』
1918 (T07)
広島県立美術館
『 青衣の女 』
1919 (T08)
京都市美術館
『 幻覚 』
1920 (T09)頃
京都国立近代美術館
『 舞う 』
1921 (T10)
京都国立近代美術館
『 裸婦 』
1921 (T10)頃
京都国立近代美術館
『 裸婦 』
1921 (T10)頃
京都国立近代美術館
『 春宵(花びら)』
1921 (T10)頃
京都国立近代美術館
『 道行 』
1924 (T13)
京都国立近代美術館
『(黒衣の女)』
1924-26 (T13-15)頃
新潟市美術館
『 裸婦 』
1926 (T15)
京都国立近代美術館
『 母 』
1927 (S02)
京都市美術館
『 文楽之図 』
1927 (S02)頃
京都国立近代美術館
『 籐椅子に凭る女 』
1931 (S06)頃
京都国立近代美術館


■ の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンクです。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。