ホーム   >   日本画画家一覧   > 菱田春草  
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

菱田春草
 絵画作品と所蔵美術館

ひしだ しゅんそう 1874(M07). 9.21 - 1911(M44). 9.16 en  English
菱田春草『 黒き猫図 』
岡倉天心の下、横山大観 らと共に日本美術院を創設した近代日本絵画の天才画家。その朦朧体画風の作品は、どれをいつ見ても、彼が生来持った自己に対する厳しさと、視力の衰退 - そして若すぎる死を予感していたかのような耀きを感じる。

黒き猫図 』 1910 (M43)  151.0*51.0  永青文庫   ▲ 切手  ▲ 文化人切手
 Title  Year  Museum  I
『 五郎時致 』
1894 (M27)
水野美術館
『 寡婦と孤児 』
1895 (M28)
東京藝術大学大学美術館
『 四季山水 』
1896 (M29)
富山県水墨美術館
『 拈華微笑(微笑)』
1897 (M30)
東京国立博物館
『 水鏡 』
1897 (M30)
東京藝術大学大学美術館
寒林
1898 (M31)
霊友会妙一記念館
『 秋草に鶏 』
1898 (M31)
水野美術館
『 武蔵野 』
1898 (M31)
富山県立近代美術館
『 梨に双鳩 』
1898 (M31)
東京国立博物館
『 六歌仙 』
1899 (M32)
永青文庫
『 秋野図 』
1899 (M32)
遠山記念館
『 稲田姫(奇縁)』
 → ◎ 古事記
1899 (M32)
水野美術館
『 月下狐 』
1899 (M32)
水野美術館
『 秋景(渓山紅葉)』
1899 (M32)
島根県立美術館
『 湖上釣舟 』
1900 (M33)
埼玉県立近代美術館
『 伏姫(常磐津)』
1900 (M33)
長野県信濃美術館
『 竹に猫 』
1900 (M33)
水野美術館
『 羅浮仙 』
1900 (M33)
水野美術館
『 秋之渓谷 』
1900 (M33)頃
水野美術館
『 帰雁 』
1900 (M33)頃
水野美術館
『 林和靖 』
1900-1 (M33-34)
東京国立近代美術館
『 釣帰 』
1901 (M34)
山種美術館
『 雨後 』
1901 (M34)
大倉集古館
『 帰漁図 』
1901 (M34)
東京富士美術館
『 菊慈童 』
1901 (M34)
茨城県近代美術館
『 羅浮仙 』
1901 (M34)
長野県信濃美術館
『 双美摘草 』
1901 (M34)
水野美術館
『 春 』
1901 (M34)
水野美術館
『 月下白鷺 』
1901 (M34)
水野美術館
『 夕陽 』
1901 (M34)
福井県立美術館
『 温麗・躑躅双鳩 』
1901 (M34)
福井県立美術館
『 瀑布(流動)』
1901 (M34)
光ミュージアム
『 暮色 』
1901 (M34)
京都国立博物館
『 月夜飛鷺(離陸)』
1901 (M34)
林原美術館
『 白牡丹 』
1901 (M34)頃
山種美術館
『 雨後筏図 』
1901 (M34)頃
水野美術館
『 春之図 』
1901 (M34)頃
水野美術館
『 旭日靜波 』
 横山大観 合作
1901 (M34)頃
水野美術館
『 春野 』
1901 (M34)頃
京都国立近代美術館
『 秋草 』
 横山大観 合作
1902 (M35)
霊友会妙一記念館
『 白牡丹 』
1902 (M35)
霊友会妙一記念館
夏汀
1902 (M35)
横浜美術館
『 秋渓・飛泉 』 秋渓
 横山大観 合作
1902 (M35)
茨城県近代美術館
『 春の朝・秋の夕 』 春の朝
 横山大観 合作
1902 (M35)
茨城県近代美術館
『 海岸怒涛(雄快)』
1902 (M35)
長野県信濃美術館
『 夕の森 』
1902 (M35)
水野美術館
『 秋草 』
1902 (M35)
水野美術館
『 富士に龍 』
1902 (M35)
水野美術館
『 渓間之秋 』
1902 (M35)
水野美術館
『 老松双鳩 』
1902 (M35)
水野美術館
『 春日 』
1902 (M35)
水野美術館
『 寿老 』
1902 (M35)
北野美術館
『 霊昭女(端妍)』
1902 (M35)
飯田市美術博物館
『 雨後 』
1902 (M35)
敦井美術館
『 雪後の月 』
1902 (M35)
滋賀県立近代美術館
王昭君
 重文
1902 (M35)
善寶寺
『 帰路・入船 』 入船
 横山大観 合作
1902 (M35)
京都国立近代美術館
『 荘重(高士望岳)』
1902 (M35)
広島県立美術館
『 紫陽花 』
1902 (M35)
足立美術館
『 平重盛六波羅諌言図 』
1902 (M35)頃
永青文庫
『 雪中山水 』
1902 (M35)頃
水野美術館
『 山路(雨)』
1903 (M36)
長谷川町子美術館
『 鹿 』
1903 (M36)
飯田市美術博物館
『 釈迦と魔女・乳糜供養 』
 横山大観 合作
1903 (M36)
長野県信濃美術館
『 夕陽 』
1903 (M36)
信越放送株式会社
『 芦に白鷺・柳に白鴨 』
1903 (M36)頃
水野美術館
『 サラスワッティ 』
1903 (M36)頃
福岡市美術館
『 帰漁 』
1904 (M37)
茨城県近代美術館
『 池辺飛鴨之図 』
1904 (M37)
水野美術館
『 松島 』
1904 (M37)
水野美術館
『 夕の森 』
1904 (M37)
飯田市美術博物館
『 放鶴 』
1904 (M37)
新潟県立近代美術館
『 躑躅図 』
1905 (M38)
遠山記念館
『 秋宵 』
1905 (M38)
茨城県近代美術館
『 松籟
(岡倉天心五浦旧宅書斎小襖絵試作)
1905 (M38)
茨城県近代美術館
『 春色 』
1905 (M38)
豊田市美術館
『 夏の山 』
1905 (M38)
水野美術館
『 さつき 』
1906 (M39)
大倉集古館
『 秋風 』
1906 (M39)
霊友会妙一記念館
『 仏御前 』
1906 (M39)
個人蔵
『 秋の夜美人 』
1906 (M39)頃
横山大観記念館
『 朝之牡丹 』
1906 (M39)
水野美術館
『 海辺朝陽 』
1906 (M39)
福井県立美術館
『 賢首菩薩 』
 重文
1907 (M40)
東京国立近代美術館
『 曙色 』
1907 (M40)
霊友会妙一記念館
『 月下波 』
1907 (M40)
水野美術館
『 荒磯 』
1907 (M40)
敦井美術館
『 雨後 』
1907(M40)頃
山種美術館
『 恵比須大黒 』
1907(M40)頃
水野美術館
『 海浜月夜 』
1907(M40)頃
メナード美術館
林和靖
1908 (M41)
茨城県近代美術館
『 竹林 』
1908 (M41)
水野美術館
『 観音 』
1908 (M41)頃
横山大観記念館
『 紅葉山水 』
1908 (M41)頃
愛知県美術館
『 朝光 』
1908 (M41)頃
水野美術館
『 秋木立 』
1909 (M42)
東京国立近代美術館
落葉
 重文  → 画像
1909 (M42)
永青文庫
『 春秋の滝 』
1909 (M42)
東京富士美術館
『 落葉 』
1909 (M42)
茨城県近代美術館
『 鹿 』
1909 (M42)
豊田市美術館
『 秋郊帰牧 』
1909 (M42)
伊豆市
『 雪夜 』
1909 (M42)
水野美術館
『 紅梅に鴬 』
1909 (M42)
水野美術館
『 桐に小禽 』
1909 (M42)
水野美術館
『 五月雨 』
1909 (M42)
北野美術館
『 落葉 』
1909 (M42)
滋賀県立近代美術館
『 落葉 』
1909 (M42)
福井県立美術館
『 苦行 』
1909 (M42)
姫路市立美術館
『 梧桐ニ小禽 』
1909 (M42)頃
高崎市タワー美術館
『 栗鼠之図 』
1909 (M42)頃
水野美術館
『 竹林 』
1909 (M42)頃
富山県水墨美術館
『 雪の山 』
1909 (M42)頃
滋賀県立近代美術館
雀に鴉
1910 (M43)
東京国立近代美術館
『 梅に雀 』
1910 (M43)
東京国立近代美術館
四季山水
1910 (M43)
東京国立近代美術館
『 月四題 』
1910 (M43)
山種美術館
黒き猫図
 重文  ▲ 切手
1910 (M43)
永青文庫
『 黒き猫 』
1910 (M43)
霊友会妙一記念館
『 猫に烏 』
1910 (M43)
茨城県近代美術館
春秋
1910 (M43)
飯田市美術博物館
『 寿老人、鶴、亀 』 亀
1910-11 (M43-44)
ニューオータニ美術館
『 岸樹秋風之圖 』
1910 (M43)頃
水野美術館
『 布袋 』
1910 (M43)頃
水野美術館
『 夏・冬 』
1910 (M43)頃
水野美術館
『 蓬莱の図 』
不明
五島美術館
『 蓬莱山 』
 → ◎ 長恨歌
不明
岡田美術館
『 暁色 』
不明
平野美術館
【 略歴 】
 1874 (M07) : 9/21 長野県飯田市 生まれ
 1890 (M23) : 東京美術学校入学。橋本雅邦、川端玉章に師事
 1895 (M28) : 帝国博物館嘱託として古画の模写に従事
 1896 (M29) : 東京美術学校の絵画科教員
 1898 (M31) : 美術学校騒動に際し、岡倉天心に殉じて辞職
 1899 (M32) : 日本美術院設立。西洋画の色彩表現を取り入れた没線彩画(朦朧体)の表現を追求
 1903 (M36) : 横山大観 と共にインド、アメリカ、ヨーロッパ訪問 ~ 1905
 1906 (M39) : 日本美術院移転に伴い茨城県五浦の地に移住
 1908 (M41) : 眼病治療のため一時帰京
 1911 (M44) : 9/16 東京にて逝去


■,
の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンク、◆ は Googleアート&カルチャー、+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。