ホーム   >   日本画画家一覧   > 上村松園  
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

上村松園
 絵画作品と所蔵美術館

うえむら しょうえん 1875 (M08). 4.23 - 1949 (S24). 8.27 en  English
上村松園:序の舞
松園が好んだのは江戸・化政期の女性であり、その時代の多様な髪型、そして色々なかんざしを刺した美人画が多い。代表作 『 序の舞 』 は息子嫁をモデルにしたもので、髪は文金高島田、婚礼の振袖を着て仕舞を舞うという妙な姿であるが、芸において精神を集中させ昇華させる、その内面の一瞬を表現している。
序の舞 』 1936 (S11)  233.0*141.3  ▲ 切手  東京藝術大学大学美術館
上村松園 の画集




東西美人画の名作 《序の舞》への系譜
 2018. 3.31 - 5. 6   東京藝術大学大学美術館  > 展覧会ページ



 Title  Year  Museum  I
『 婦女の図(ものおもい)』
1897 (M30)頃
青梅市立美術館
『 人生の花 』
1899 (M32)
名都美術館
『 人生の花 』
1899 (M32)
京都市美術館
『 人生の花 』
1899 (M32)
京都市美術館
『 四季美人 』
1892 (M25)頃
光記念館
『 清女褰簾之図 』
1895 (M28)
北野美術館
『 母 』
1897 (M30)頃
吉野石膏株式会社
『 四季美人図 』
1900 (M33)頃
出光美術館
『 花のにぎはひ 』
1907 (M40)
京都国立近代美術館
『 月影 』
1908 (M41)
永青文庫
『 虫の音 』
1908 (M41)
大松美術館(閉館)
『 姉妹之図 』
1909 (M42)
二階堂美術館
『 春の野図 』
1910 (M43)
高崎市タワー美術館
『 花見 』
1910 (M43)
松伯美術館
『 人形つかい 』
1910 (M43)
松伯美術館
『 花 』
1910 (M43)
姫路市立美術館
『 月下歌吟図 』
1910 (M43)頃
桑山美術館
『 よし野太夫図 』
1910 (M43)頃
名都美術館
『 雪吹美人図 』
1911 (M44)
ウッドワン美術館
『 夕照 』
1912-26(大正時代)
山種美術館
1913 (T02)
山種美術館
『 紅葉可里・・・い 』
1914 (T03)頃
名都美術館
『 舞仕度 』
1914 (T03)
京都国立近代美術館
『 娘深雪 』
1914 (T03)
足立美術館
『 楚蓮香 』
1914 (T03)頃
下関市立美術館
『 むしの音図 』
1914-15 (T03-4)
遠山記念館
花がたみ
 → ◎ 古事記
1915 (T04)
松伯美術館
『 お萬之図 』
1915 (T04)
名都美術館
1918 (T07)
東京国立博物館
『 吹雪美人図 』
1919 (T08)
林原美術館
『 楊貴妃 』
 → ◎ 長恨歌
1922 (T11)
松伯美術館
『 塩汲ノ図 』
1923 (T12)頃
講談社野間記念館
『 瑞彩 』 雛祭
1924 (T13)
宮内庁三の丸尚蔵館
『 楚蓮香之図 』
1924 (T13)
京都国立近代美術館
『 楚蓮香之図 』
1924 (T13)頃
横浜美術館
待月
1926 (T15)
京都市美術館
『 娘 』
1926 (T15)
松伯美術館
『 良宵之図 』
1926 (T15)
林原美術館
『 お初 』
1926 (T15)頃
駿府博物館
『 初音 』
1927 (S02)
講談社野間記念館
『 十二ヶ月図 』
1927 (S02)
講談社野間記念館
新螢
1929 (S04)
山種美術館
『 舟遊び 』
1929 (S04)
二階堂美術館
『 簾のかげ 』
1929 (S04)頃
セゾン現代美術館
『 小町の図 』
1929-30 (S04-5)
高崎市タワー美術館
『 春秋 』
1930 (S05)
名都美術館
『 白拍子 』
1930 (S05)頃
駿府博物館
1930代 (S05-15)
大川美術館
虹を見る
 → 画像
1932 (S07)
京都国立近代美術館
『 新蛍 』
1932 (S07)
松伯美術館
『 惜春之図 』
1933 (S08)
講談社野間記念館
『 汐くみの図 』
1933 (S08)
セキ美術館
母子 』    上村松園:母子
1934 (S09)
東京国立近代美術館
『 夕べ 』
1935 (S10)
山種美術館
『 京美人之図 』
1935 (S10)
高崎市タワー美術館
『 春苑 』
1935 (S10)
島田市博物館
『 夕べ 』
1935 (S10)頃
水野美術館
『 追風 』
1935 (S10)頃
水野美術館
『 汐くみ 』
1935 (S10)頃
大阪市立近代美術館建設準備室
『 小野小町図 』
1935 (S10)頃
個人蔵
序の舞
 ▲ 切手  → ○ 本
1936 (S11)
東京藝術大学大学美術館
『 春宵 』
1936 (S11)
松岡美術館
『 志ぐれ 』
1936 (S11)
水野美術館
『 春宵 』
1936 (S11)
奈良県立美術館
秋の粧 』   上村松園:秋の粧
1936 (S11)
西宮市大谷記念美術館
『 草紙洗小町 』
1937 (S12)
東京藝術大学大学美術館
雪月花
1937 (S12)
宮内庁三の丸尚蔵館
『 灯 』
1937 (S12)
出光美術館
『 春雪 』
1937 (S12)
大松美術館(閉館)
『 春信 』
1937 (S12)
木下美術館
『 月下佳人 』
1937 (S12)頃
五島美術館
『 上臈の図 』
1937 (S12)頃
五島美術館
『 砧 』
1938 (S13)
山種美術館
『 虫の音 』
1938 (S13)
MOA美術館
『 男舞之図 』
1938 (S13)頃
名都美術館
『 かんざし 』
1938 (S13)頃
水野美術館
『 菊寿 』
1939 (S14)
東京富士美術館
『 風 』
1939 (S14)
北野美術館
『 春芳 』   上村松園:春芳
1940 (S15)
山種美術館
『 御ひな之図 』
1940 (S15)
高崎市タワー美術館
『 わか葉 』
1940 (S15)
名都美術館
『 鼓の音 』   上村松園:鼓の音
1940 (S15)
松伯美術館
『 春 』
1940 (S15)
ウッドワン美術館
『 初雪 』
1940 (S15)頃
大川美術館
『 観書 』
1940 (S15)頃
広島県立美術館
『 春風 』
1940 (S15)頃
桑山美術館
『 櫻がり 』
1940-43 (S15-18)頃
高崎市タワー美術館
『 新秋 』
1940-45 (S15-20)頃
メナード美術館
『 晴日 』
1941 (S16)
京都市美術館
夕ぐれ
1941 (S16)
大松美術館(閉館)
『 夕暮 』
1941 (S16)
京都府立鴨沂高等学校
『 美人観書 』
1941 (S16)頃
東京富士美術館
『 娘 』
1941-42 (S16-17)
山種美術館
『 美人詠歌図 』
1941-42 (S16-17)頃
メナード美術館
『 雪 』
1942 (S17)
東京国立近代美術館
『 詠哥 』
1942 (S17)
山種美術館
『 円窓美人 』
1943 (S18)頃
歌舞伎座
晩秋
1943 (S18)
大阪市立美術館
『 蛍 』
1943 (S18)
西宮市大谷記念美術館
『 静韻 』
1943 (S18)
西宮市大谷記念美術館
『 初秋 』
1943 (S18)頃
古川美術館
『 静 』
1944 (S19)
東京国立近代美術館
『 新螢 』
1944 (S19)
東京国立近代美術館
牡丹雪 』   上村松園:牡丹雪
1944 (S19)
山種美術館
『 献灯 』
1944 (S19)
京都霊山護国神社
『 牡丹雪 』
1944 (S19)
足立美術館
『 待月 』
1944 (S19)
足立美術館
『 麗容 』
1944 (S19)頃
高崎市タワー美術館
『 静思 』
1946 (S21)
大松美術館(閉館)
『 庭の雪 』
1948 (S23)
山種美術館
清少納言図
不明
五島美術館
『 起上り 』
不明
五島美術館
『 芸姑図 』
不明
青梅市立美術館
『 柳さくら 』
不明
鎌倉大谷記念美術館
『 紅葉狩 』
不明
古川美術館
『 時鳥一声 』
不明
古川美術館
『 茶杓(梅・鶯)』
不明
北野美術館
『 神ひな之図 』
不明
北野美術館
『 桜可里之図 』
不明
佐久市立近代美術館
『 春日長 』
不明
京都市美術館
『 円窓美人 』
不明
福岡市美術館
『 清少納言図 』
不明
福岡市美術館
『 太夫之図 』
不明(大正初期)
名都美術館
『 藝妓之図 』
不明(大正初期)
名都美術館
『 紅葉可里・・・ろ 』
不明(大正中期)
名都美術館
『 花の旅 』
不明(大正末~昭和初期)
名都美術館
『 婦人 』
不明(昭和初期)
講談社野間記念館
『 汐汲み之圖 』
不明(昭和初期)
水野美術館
【 語録 】 能楽には無駄というものがありません。無駄がないのですから、緩やかなうちにキッとした緊張があるのでしょう。能楽ほど沈んだ光沢のある芸術は他に沢山ないと思います。能楽における、この簡略化された美こそ、画における押詰めた簡略美の線と合致するものであると思います
【 略歴 】
 1875 (M08) : 4/23 京都 生まれ。本名:津禰(つね)
 1887 (M20) : 京都府画学校入学。鈴木松年の画塾に通う
 1888 (M21) : 松園の号を受ける。松年の京都府画学校退職に伴って退学
 1890 (M23) : 第3回内国勧業博覧会にて『 四季美人図 』が一等褒状を受賞
 1893 (M26) : 幸野楳嶺塾に移る。1895 楳嶺の死後、竹内栖鳳 に師事する
 1900 (M33) : 第8回日本絵画協会、日本美術連合共進会にて『 花ざかり 』が二等銀賞受賞
 1915 (T04) : 第9回文展に『 花がたみ 』出品
 1934 (S09) : 2月 母仲子没。10月 第15回帝展に『 母子 』参与出品
 1937 (S12) : 『 雪月花 』を皇太后に献上
 1943 (S18) : 随筆集「青眉抄」刊行
 1948 (S23) : 女性初の文化勲章 受章
 1949 (S24) : 8/27 京都にて逝去

 このサイトでは、上村松園 以外の画家の作品も、とても豊富に掲載しております。
  → 日本画 画家一覧   → 日本洋画 画家一覧   → 西洋画 画家一覧
 トップページでは 日々のショート・エッセイ を書いておりますので、よろしければ お立ち寄りください。


■,
の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンク、◆ は Googleアート&カルチャー、+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。