ホーム   >   日本画画家一覧   > 竹内栖鳳
logo

気になるアート.com 画家作品一覧

竹内栖鳳
 絵画作品と所蔵美術館

たけうち せいほう 1864.12.20 (元治01.11.22) - 1942 (S17). 8.23 en  English
竹内栖鳳『 アレ夕立に 』
この方、西の日本画の大家ながら、この作品の他にも、やさしいユーモアを醸し出す洒脱な作品をいくつも残している。一世紀も前の人だけれど、そんなところから人柄まで伺えるような気がする。えぇ人やったんやろなぁ。。


アレ夕立に 』 1909 (M42) 165.0*84.0  ▲ 切手  髙島屋史料館

※ 竹内栖鳳に関する情報:  切手と本  * アマゾン 画集   * ウィキペディア  * 東文研アーカイブ 美術展スケジュール
 Title  I  Year  Museum
『 芙蓉 』 1882 (M15) 京都市美術館
『 年中行事 』 1886 (M19)頃 京都市美術館
『 池塘浪静 』 1887 (M20) 京都市美術館
『 雲龍 』 1887 (M20)頃 京都市美術館
『 遊鯉 』 1887 (M20)頃 京都市美術館
『 富士 』 1893 (M26) 髙島屋史料館
『 富士川大勝図 』 1894 (M27) 東京国立博物館
『 宇野老人像 』 1895 (M28) 京都市美術館
『 百騒一睡 』 1895 (M28) 大阪歴史博物館
『 虎・獅子図 』 1895 (M28) 三重県立美術館
『 雪中孤鹿、雨中曳牛 』 1898 (M31)頃 富山県水墨美術館
『 烏図屏風 』 1899 (M32)頃 富山県水墨美術館
『 渓山秋月 』 1899 (M32)頃 京都市美術館
『 羅馬古城図 』 1901 (M34) 京都国立近代美術館
獅子 1901-2 (M34-5) 東京富士美術館
『 幽隠秋色図 』 1904 (M37) 佐久市立近代美術館
蕭条 1904 (M37) 京都国立近代美術館
『 ベニスの月 』 1904 (M37) 髙島屋史料館
『 獅子巌壁 』   → 画像 1904 (M37)頃 豊田市美術館
『 霜烏 』 1905 (M38) 富山県水墨美術館
『 雨霽 』 (あまばれ) 1907 (M40) 東京国立近代美術館
『 飼われたる猿と兎 』 1908 (M41) 東京国立近代美術館
『 狐狸図 』 左隻 1908 (M41)頃 愛知県美術館
『 狐狸図 』 右隻 1908 (M41)頃 愛知県美術館
アレ夕立に 』   ▲ 切手 1909 (M42) 髙島屋史料館
『 散華 』 1910 (M43) 京都市美術館
『 散華 』 1910 (M43) 京都市美術館
『 熊 』 1910 (M43) 京都市美術館
『 観音猿鶴 』  横山大観, 下村観山 合作 1910 (M43)頃 永青文庫
『 雨 』 1911 (M44) 京都市美術館
『 秋雨 』 1912 (M45) 古川美術館
『 雲山蕭寺 』 1912 (M45)頃 永青文庫
『 水村雨後図 』 1912 (M45)頃 永青文庫
『 旭日老松 』 1912-42 (T01-S17)頃 山種美術館
『 双鶴 』 1912-42 (T01-S17)頃 山種美術館
絵になる最初 1913 (T02) 京都市美術館
『 金魚の句 』 1913 (T02)頃 京都市美術館
『 主基済田図屏風 』 1915 (T04) 東京国立博物館
『 松竹梅 』 1916 (T05) 永青文庫
『 河口図 』 1918 (T07) 静嘉堂文庫美術館
『 遅日 』 1918 (T07) 京都国立近代美術館
『 晴海 』 1918 (T07)頃 松岡美術館
『 揚州城外 』 1922 (T11) 静岡県立美術館
『 潮沙永日 』 1922 (T11) 京都市美術館
『 瑞彩 』 春 1924 (T13) 宮内庁三の丸尚蔵館
班猫 』  重文 1924 (T13) 山種美術館
『 酔興 』 1924 (T13) 京都市美術館
『 馬に乗る狐 』 1924 (T13) 京都市美術館
『 城址 』 1924 (T13) 広島県立美術館
『 南楼晴霽 』 1925 (T14)頃 山種美術館
『 宿鴨宿鴉 』 1926 (T15) 東京国立近代美術館
『 蹴合 』 1926 (T15) 山種美術館
『 古城枩翠 』 1926 (T15) 講談社野間記念館
『 秋陽 』 1926 (T15) 新潟県立近代美術館
『 雨霽 』 1926 (T15)頃 山種美術館
『 涼蔭 』 1926 (T15)頃 松岡美術館
『 南清風色 』 1926 (T15)頃 京都国立近代美術館
『 うな辺 』 1926 (T15)頃 京都市美術館
『 四季短冊 』 水仙・あさかほ・菊寿・紅椿 1926-42 (S01-17)頃 山種美術館
『 干柿 』 1926-42 (S01-17)頃 山種美術館
『 紫宸殿 』 1927 (S02) 講談社野間記念館
『 秋霽 』 1927 (S02) 駿府博物館
『 秋興 』 1927 (S02) 京都国立近代美術館
『 緑池 』 1927 (S02)頃 山種美術館
『 柿の実 』 1927 (S02)頃 山種美術館
虎之図 1928 (S03) 宮内庁三の丸尚蔵館
『 薫風稚雀・寒汀白鷺 』 1928 (S03) 宮内庁三の丸尚蔵館
『 禁城松翠 』 1928 (S03) 泉屋博古館
『 狐 』 1928 (S03) 横須賀美術館
『 蹴合 』 1929 (S04) 大倉集古館
『 秋夕 』 1929 (S04)頃 山種美術館
『 勢幾禮以 』 1929 (S04)頃 講談社野間記念館
『 城外風薫 』 1930 (S05) 山種美術館
『 睡郷 』 1930 (S05) 新潟県立近代美術館
『 潮来小暑 』 1930 (S05) 山種美術館
『 梅園 』 1930 (S05)頃 山種美術館
『 雷公 』 1930 (S05)頃 京都市美術館
『 松 』 1932 (S07) 京都市美術館
『 雨中山水 』 1932 (S07)頃 山種美術館
『 水墨山水 』 1933 (S08) 山種美術館
『 晩鴉 』 1933 (S08) 山種美術館
『 村居 』 1933 (S08) 五島美術館
『 秋景富獄図 』 1933 (S08) 石橋美術館
『 みゝづく 』 1933 (S08)頃 山種美術館
『 山林幽致 』 1933 (S08)頃 富山県水墨美術館
『 蛙と蜻蛉 』 1934 (S09) 山種美術館
『 松竹梅 』 梅  横山大観, 川合玉堂 合作 1934 (S09) 山種美術館
『 水村 』 1934 (S09) 京都市美術館
『 風竹野雀 』 1934 (S09) 京都市美術館
『 舞燕 』 1934 (S09)頃 講談社野間記念館
『 風竹 』 1934 (S09)頃 京都市美術館
『 驟雨一過 』 1935 (S10) 京都市美術館
『 清閑 』 1935 (S10)頃 京都市美術館
『 若き家鴨 』 1937 (S12) 京都国立近代美術館
『 国端 』 1937 (S12) 髙島屋史料館
『 松魚 』 1935-37 (S10-12)頃 メナード美術館
『 鴨雛 』 1937 (S12)頃 山種美術館
『 風かおる 』 1937 (S12)頃 山種美術館
『 雄飛報国の時 』 1938 (S13) 日本藝術院会館
『 憩える車 』 1938 (S13) 山種美術館
『 山村乃花図 』 1938 (S13) 遠山記念館
『 柳蔭雑居 』 1938 (S13) 北野美術館
『 松 』 1938 (S13)頃 歌舞伎座
『 艸影帖・色紙十二ヶ月 』 1938 (S13)頃 山種美術館
『 冬暖 』 1939 (S14) 山種美術館
『 海幸 』 1939 (S14) 京都国立近代美術館
『 艶陽 』 1940 (S15) 山種美術館
『 千代田城図 』 1940 (S15) 遠山記念館
『 老松朝陽 』 1940 (S15) 高崎市タワー美術館
『 雄風 』 1940 (S15) 京都市美術館
『 稲塚 』 1940 (S15)頃 山種美術館
『 水郷 』 1941 (S16) 茨城県近代美術館
『 色紙十二ヶ月 』 1926-41 (T15-S16) 京都市美術館
『 海幸 』 1942 (S17) 東京国立近代美術館
『 春雪 』 1942 (S17) 京都国立近代美術館
『 翠竹春鶯 』 不明 ニューオータニ美術館
『 炭 』 不明 五島美術館
『 喜雀 』 不明 五島美術館
『 遊鶴の図 』 不明 五島美術館
『 高砂 』 不明 五島美術館
『 獅子舞 』 不明 五島美術館
『 おき上り雛 』 不明 五島美術館
『 猿乗駒 』 不明 駿府博物館
『 白梅 』 不明 駿府博物館
『 秋の実り 』 不明 掛川市二の丸美術館
『 冨嶽 』 不明 古川美術館
『 新荷雨洗 』 不明 古川美術館
『 富嶽 』 不明 北野美術館
『 芋苗 』 不明 佐久市立近代美術館
『 夕鴉 』 不明 富山県水墨美術館
『 象(印度風俗図)』 不明 富山県水墨美術館
『 八功徳水 』 不明 京都市美術館
『 冬瓜にねずみ 』 不明 京都市美術館
『 銀鱗 』 不明 福岡市美術館
『 綿秋図 』 不明 石橋美術館
『 渓山雨後 』 不明 石橋美術館
『 旭日 』 不明 石橋美術館
『 富嶽図 』 不明 石橋美術館
『 潮汐去来 』 不明 石橋美術館
『 鰹図 』 不明 石橋美術館
『 春潮図 』 不明 石橋美術館
『 鶴 』 不明 石橋美術館
『 稲に雀 』 不明 岩崎美術館
【 語録 】 画家といふものは、自分の表現欲をそゝるに足りる対象物に出逢ふと、我知らず、「あゝ、いゝ猫だ!」といったりするものである。


■, □ の記号は所蔵美術館サイトの画像掲載ページへの直リンク、◆ は Googleアートプロジェクト、+ は美術館サイト上にて再検索が必要です。
タイトルバーの各項目を押すと並び替えが可能です。Altを押しながら項目をクリックするとマルチソートもできます。