ホーム   >   物語と絵画   > 長恨歌 第十四段  
logo

気になるアート.com 「物語と絵画シリーズ」

「 長恨歌 」 と絵画: 第十四段


白居易「 長恨歌 」第十四段と絵画を紹介するページです。
タブの切替えで「読みがな付き」「送りがな付き」「返り点付き」「白文」それぞれの表示ができます。




← 第十三段

訳文:
方士との別れに際して、重ねて丁重に言葉を託しました。
言葉の中に、帝と楊貴妃だけが知る言葉がありました。
それは、七月七日の長生殿、
誰もいない夜中に二人で語り合った言葉でした。
「天にあっては、願わくば、比翼(雄雌一体)の鳥となり、
 地にあっては、願わくば、連理(根は異なるが上は一体)
 の枝となりましょうね」
天は長く、地は久しくとも、いつかは尽きる時があります。
しかし、この二人の悲しみは、綿々といつまでも尽きることは無いのでございましょう。

鈴木春信:玄宗皇帝楊貴妃図
鈴木春信『 玄宗皇帝楊貴妃図 』 
MOA美術館 

読み下し文:
別れに臨んで、殷勤に重ねて詞を寄す
詞中に誓ひ有り、両心のみ知る
七月七日、長生殿
夜半人無く、私語の時
天に在りては、願はくは比翼の鳥と作り
天に在りては、願はくは連理の枝と為らんと
天は長く地は久しきも、時有りて盡きん
此の恨み綿綿として、盡くる期無からん

白文:
臨別殷勤重寄詞
詞中有誓両心知
七月七日長生殿
夜半無人私語時
在天願作比翼鳥
在地願為連理枝
天長地久有時盡
此恨綿綿無盡期


更新情報
 - Ver. 1.0: 2016年 4月17日 公開