ホーム   >   物語と絵画   > 観音経 読み下し文全
logo

気になるアート.com 「物語と絵画シリーズ」

「 観世音菩薩普門品 」 と絵画: 読み下し文全


読み下し文:
妙法蓮華経『 観世音菩薩普門品 』第二十五
その時、無盡意菩薩、即ち座より起ちて、偏
(ひとえ)
に右肩を袒
(はだぬ)
ぎ、合掌して仏に向いて、この言を作
(な)
す。
「世尊、観世音菩薩、何の因縁を以って『観世音』と名づくるや?」
仏、無盡意菩薩に告ぐ、
「善男子、もし、無量百千万億の衆生ありて 諸々の苦悩を受けんに、この観世音菩薩を聞きて一心に称名せば、観世音菩薩、即時にその音声を観じて、皆 解脱を得ん。
もし、この観世音菩薩の名を持つ者 有らば、設
(たと)
い大火に入るとも、火 焼くこと能わず。この菩薩の威神力に由るが故。
もし、大水のために漂
(ただよ)
わされんに、その名号を称せば、即ち浅き処を得ん。
もし、百千万億の衆生 有りて、金銀・瑠璃
(るり)
・硨磲
(しゃこ)
・碼碯
(めのう)
・珊瑚・琥珀・真珠 等の宝を求んがために大海に入らんに、
たとい、黒風、その船舫を吹きて、羅刹鬼
(らせつき)
国に漂堕せんも、
その中に、もし、乃至一人 有りて、観世音菩薩の名を称せば、
この諸人等、皆、羅刹の難の解脱を得ん。
この因縁を以って『観世音』と名付く。
もし、また、人 有り。まさに害さるるに臨みて、観世音菩薩の名を称せば、
かの執
(と)
る所の刀杖
(とうじょう)
、尋
(つ)
いで段々に壊
(お)
れ、解脱を得ん。
もし、三千大千国土、中に満つる 夜叉・羅刹 来りて人を悩まさんと欲するも、
その観世音菩薩の名を称するを聞かば、
この諸悪鬼、なお、悪眼
(あくげん)
を以って、これを視ること能わず。況や、また害を加えんや。
設い、また人あり。もしくは罪あり、もしくは罪なし、忸械枷鎖
(ちゅうがいかさ)
にその身を検繋
(けんげ)
せられんに、
観世音菩薩の名を称せば、皆、悉く断壊
(だんね)
して、即ち解脱を得ん。
もし、三千大千国土、中に満つる怨賊
(おんぞく)
、一商主 有りて、諸商人を将
(ひき)
いて
重宝を齎持
(さいじ)
し、険路を経過。その中に一人、この唱言
(しょうごん)
作さん。
「諸善男子、恐怖を得ることなかれ。
 汝等、まさに一心に観世音菩薩の名号を称すべし。
 この菩薩、能く無畏
(むい)
を以って衆生に施さる
 汝等、もし、称名せば、この怨賊において、まさに解脱を得べし」
(もろもろ)
の商人 聞きて、倶
(とも)
に声を発して言わん。「南無観世音菩薩」。
その名を称するが故に、即ち解脱を得ん。
無盡意、観世音菩薩摩訶薩、威神の力、巍巍
(ぎぎ)
たること、かくの如し。
もし、衆生 有りて
淫欲多からんに、常に念じて観世音菩薩を恭敬
(くぎょう)
せば、便
(すなは)
ち 欲を離るることを得ん。
もし、瞋恚
(しんに)
多からんに、常に念じて観世音菩薩を恭敬せば、便ち 瞋
(いか)
りを離るることを得ん。
もし、愚癡多からんに、常に念じて観世音菩薩を恭敬せば、便ち 癡を離るることを得ん。
無盡意、観世音菩薩、かくの如き等の大威神力 有りて、
饒益
(にょうやく)
する所多し。この故、衆生、常にまさに心に念ずべし。
もし、女人 有りて
もし、男
(おのこ)
を求めんと欲して、観世音菩薩を礼拝供養せば、
便ち、福徳智慧の男を生まん。
もし、女
(めのこ)
を求めんと欲せば、
便ち、端生有相
(たんじょううそう)
の女、宿
(むか)
し徳本を殖えて衆人に愛敬
(あいぎょう)
せらるを生まん。
無盡意、観世音菩薩、かくの如きの力 有り。
もし、衆生ありて、観世音菩薩を恭敬礼拝せば、福、唐捐
(とうえん)
ならず。
この故に衆生、皆、まさに観世音菩薩の名号を受持すべし。
無盡意、もし人ありて、六十二億 恒河沙
(ごうがしゃ)
の菩薩の名字を受持し、
また、形を尽すまで、飲食
(おんじき)
・衣服
(えぶく)
・臥具・医薬を供養せば、
汝が意において云何? この善男子・善女人の功徳、多きや否や?」
無盡意、言
(もう)
さく。「甚だ多し、世尊」
仏、言
(のたま)
わく。「もし、また人有りて、観世音菩薩の名号を受持し、
乃至一時も礼拝供養せば、この二人の福、正に等しく、異なること無し。
百千万億劫におても、窮め尽くすべからず。
無盡意、観世音菩薩の名号を受持せば、かくの如き無量無辺の福徳の利を得ん」

無盡意菩薩、仏に白
(もう)
して言
(もう)
さく。「世尊、観世音菩薩、
云何
(いかん)
がして、この娑婆世界に遊び、云何がして衆生のために法を説く?
方便の力、その事 云何?」
仏、無盡意菩薩に告ぐ。
「善男子、もし国土の衆生ありて、
仏の身を以って得度すべき者、観世音菩薩、即ち 仏の身を現して、為に法を説く。
辟支仏
(びゃくしぶつ)
の身を以って得度すべき者、即ち 辟支仏の身を現して、為に法を説く。
声聞
(しょうもん)
の身を以って得度すべき者、即ち 声聞の身を現して、為に法を説く。
梵王
(ぼんのう)
の身を以って得度すべき者、即ち 梵王の身を現して、為に法を説く。
帝釈
(たいしゃく)
の身を以って得度すべき者、即ち 帝釈の身を現して、為に法を説く。
自在天
(じざいてん)
の身を以って得度すべき者、即ち 自在天の身を現して、為に法を説く。
大自在天の身を以って得度すべき者、即ち 大自在天の身を現して、為に法を説く。
天大将軍の身を以って得度すべき者、即ち 天大将軍の身を現して、為に法を説く。
毘沙門の身を以って得度すべき者、即ち 毘沙門の身を現して、為に法を説く。
小王の身を以って得度すべき者、即ち 小王の身を現して、為に法を説く。
長者の身を以って得度すべき者、即ち 長者の身を現して、為に法を説く。
居士
(こじ)
の身を以って得度すべき者、即ち 居士の身を現して、為に法を説く。
宰官の身を以って得度すべき者、即ち 宰官の身を現して、為に法を説く。
婆羅門の身を以って得度すべき者、即ち 婆羅門の身を現して、為に法を説く。
比丘
(びく)
・比丘尼・優婆塞
(うばそく)
・優婆夷
(うばい)
の身を以って得度すべき者、即ち 比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の身を現して、為に法を説く。
長者・居士・宰官・婆羅門の婦女の身を以って得度の者、即ち婦女の身を現して、為に法を説く。
童男童女の身を以って得度すべき者、即ち 童男童女の身を現して、為に法を説く。
天・竜・夜叉・乾闥婆
(けんだっぱ)
・阿修羅
(あしゅら)
・迦楼羅
(かるら)
・緊那羅
(きんなら)
・摩候羅迦
(まごらが)
・人・非人 等の身を以って得度すべき者、即ち、皆、これを現して、為に法を説く。
執金剛神
(しゅうこんごうじん)
を以って得度すべき者、即ち 執金剛神を現して、為に法を説く。
無盡意、この観世音菩薩、かくの如き功徳を成就し、
種々
(しゅじゅ)
の形を以って諸国土に遊び、衆生を度脱
(どだつ)
したまう。
この故、汝ら、まさに、一心に観世音菩薩を供養すべし。
この観世音菩薩摩訶薩、怖畏急難
(ふいきゅうなん)
の中において、能く無畏を施す。
この故、この娑婆世界、皆、これを号して施無畏者
(せむいしゃ)
と為す」
無盡意菩薩、仏に白して言
(もう)
さく。
「世尊、我、今、まさに観世音菩薩を供養すべし」
即ち、頸の衆
(もろもろ)
の宝珠瓔珞、価
(あたい)
百千両金に直するを解きて、
以って、これを与へ、この言
(ごん)
を作す。
「仁者
(にんしゃ)
、この法施
(ほっせ)
の珍宝瓔珞を受けたまえ」
時に観世音菩薩、肯
(あえ)
て これを受けず。
無盡意、また、観世音菩薩に白
(もう)
して言
(もう)
さく
「仁者、我等を愍
(あわれ)
むが故に、この瓔珞を受けたまえ」
その時、仏、観世音菩薩に告ぐ。
「まさに、この無盡意菩薩、及び 四衆・天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩候羅迦・人・非人 等を愍むが故に、この瓔珞を受くべし」
即時
(そのとき)
、観世音菩薩、
諸々の四衆、及び、天・竜・人・非人等を愍みて、その瓔珞を受け、
分ちて二分と作し、一分
(いちぶん)
を釈迦牟尼仏に奉り、一分を多宝仏塔に奉れり。
「無盡意、観世音菩薩、かくの如き自在神力有りて、娑婆世界に遊ぶ」

その時、無盡意菩薩、偈を以て問うて曰く。
世尊、妙相 具したまう。我、今、重ねて彼に問いたてまつる。
 仏子
(ぶっし)
、何の因縁をもってか、名付けて観世音となす?
妙相 具足したまえる尊、偈をもって無盡意に答えたまわく。
 汝、聴け。観音の行、善く諸々の方所
(ほうじょ)
に応ず。
弘き誓いの深きこと 海の如く、劫を歴
(ふ)
るとも思議せられず、
 多くの千億の仏に侍
(つか)
えて、大清浄
(しょうじょう)
の願を発
(おこ)
せり。
我、汝の為に略して説かん。名を聞き、及び身を見、
 心に念じて空しく過ごさざれば、能く諸有の苦を滅せん。
仮使
(たと)
ひ、害意を興して、大火坑
(だいかきょう)
に推し落されんも、
 かの観音の力を念ずれば、火坑 変じて池となる。
あるいは、巨海
(こかい)
に漂流して、龍魚諸鬼の難あらんに、
 かの観音の力を念ずれば、波浪も没すること能はず。
あるいは、須弥の峰に在りて、人の為に推し堕されんに
 かの観音の力を念ずれば、日の如くにして虚空に住
(とど)
まらん。
あるいは、悪人に逐われて、金剛山より堕落せんに、
 かの観音の力を念ずれば、一毛をも損すること能わず。
あるいは、怨賊の遶
(かこ)
みて、各々刀を執りて害を加うるに値
(あ)
わんに、
 かの観音の力を念ずれば、咸
(ことごと)
く、即ちに慈心を起さん。
あるいは、王難の苦に遭いて、刑に臨みて 寿
(いのち)
終らんと欲
(せ)
んに、
 かの観音の力を念ずれば、刀、尋
(つ)
いで段段に壊
(お)
れん。
あるいは、囚われて枷
(くびかせ)
・鎖に禁ぜられ、手足 忸械
(ちゅうかい)
せられんに、
 かの観音の力を念ずれば、釈然
(しゃくねん)
として解脱することを得ん。
呪詛
(じゅそ)
、諸々の毒薬、身を害せんと欲られん者、
 かの観音の力を念ずれば、還って本の人に著
(つ)
かん。
あるいは、悪羅刹
(あくらせつ)
・毒竜・諸鬼等に遇わんに、
 かの観音の力を念ずれば、時に悉く敢て害せず。
もし、悪獣に囲繞
(いにょう)
せられ、利
(するど)
き牙爪
(げそう)
怖るべきも、
 かの観音の力を念ずれば、疾く無辺の方に走らん。
蚖蛇
(がんじゃ)
、および、蝮蠍
(ふつかつ)
、気毒
(けどく)
の烟火のごとく燃ゆるも、
 かの観音の力を念ずれば、声に尋
(つ)
いで自ずから回
(かえ)
り去らん。
雲雷
(くもいかずち)
(な)
り、掣電
(いなびかり)
し、雹
(あられ)
を降らして大雨を澍ぐも、
 かの観音の力を念ずれば、時に応じて消散することを得ん。
衆生、困厄
(こんやく)
被りて、無量の苦、身に逼るも、
 観音の妙智力、能く世間の苦を救ひたまふ。
神通力を具足し、広く智の方便を修し、
 十方 諸々の国土に、刹
(くに)
として身を現さざること無し。
種種
(しゅじゅ)
諸々の悪趣、地獄・鬼・畜生、
 生老病死の苦、漸く、悉く滅せしむ。
真観・清浄観・広大智慧観、
 悲観、および、慈観。常に願い、常に瞻仰
(せんごう)
すべし。
無垢清浄の光ありて、慧日
(えにち)
諸々の闇を破り、
 能く災いの風火を伏して、普
(あまね)
く明かに世間を照らす。
悲体の戒は雷震の如く、慈意の妙は大雲の如し。
 甘露の法雨を澍ぎて、煩悩の焔を滅除す。
(あらそ)
い訟えて官処を経、軍陣の中に怖畏
(ふい)
せんに、
 かの観音の力を念ずれば、衆
(もろもろ)
の怨
(あだ)
、悉く退散せん。
妙音観世音、梵音
(ぼんのん)
海潮音、
 かの世間の音
(こえ)
に勝れり。この故に須
(すべか)
らく常に念ずべし。
念々、疑を生ずること勿れ。観世音は浄聖
(じょうしょう)
にして
 苦悩死厄において、能く為に依怙と作
(な)
れり。
一切の功徳を具し、慈眼をもて衆生を視、
 福聚の海、無量なり。是の故に、まさに頂礼すべし。

その時、持地菩薩、即ち座より起ちて、前
(すす)
みて 仏に白
(もう)
して言
(もう)
さく
「世尊、もし衆生 有りて、この観世音菩薩品の自在の業
(ごう)
たる
 普門示現の神通力を聞く者、まさに知るべし、この人、功徳少なからず」
仏、この普門品を説きたもう時、
衆中 八万四千の衆生、皆
無等等
(むとうどう)
の 阿耨多羅三藐
(あのくたら さんみゃく)
三菩提の心を発
(おこ)
せり。