ホーム   >   物語と絵画   > 観音経 その9  
logo

気になるアート.com 「物語と絵画シリーズ」

「 観世音菩薩普門品 」 と絵画: その9


その8 その10

訳文:
しかし、観世音菩薩は、あえて、これを受け取られませんでした。
無盡意は、再度、観世音菩薩にお願いします。
「お願いです。私たちを愍んで、どうか、この瓔珞をお受けください」と。
その時、仏さまが観世音菩薩に言われました。
「まさに、この無盡意菩薩、四衆・天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩候羅迦・人・非人、みーんなを愍んで、その瓔珞を受けられるのが良いでしょう」
その時、観世音菩薩は、諸々の四衆、及び、天・竜・人・非人等を愍みて、その瓔珞を受け取るや、それを二つに分け、一つを釈迦牟尼
(シャーキヤ=ムニ)
さまに、もう一つを多宝
(プラブータ=ラトナ)
仏塔に奉られたのでありました。
「ね、 無盡意さん、観世音菩薩には、このような自由自在の神力があって、この人々の世界に遊ばれるのですよ」
その時、無盡意菩薩は、偈をもって、問うて言いました。

安田靫彦:矜羯羅
安田靫彦 『 矜羯羅 』1921 (T10)  桑山美術館

読み下し文:
時に観世音菩薩、肯
(あえ)
て これを受けず。
無盡意、また、観世音菩薩に白
(もう)
して言
(もう)
さく
「仁者、我等を愍
(あわれ)
むが故に、この瓔珞を受けたまえ」
その時、仏、観世音菩薩に告ぐ。
「まさに、この無盡意菩薩、及び 四衆・天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩候羅迦・人・非人 等を愍むが故に、この瓔珞を受くべし」
即時
(そのとき)
、観世音菩薩、
諸々の四衆、及び、天・竜・人・非人等を愍みて、その瓔珞を受け、
分ちて二分と作し、一分
(いちぶん)
を釈迦牟尼仏に奉り、一分を多宝仏塔に奉れり。
「無盡意、観世音菩薩、かくの如き自在神力有りて、娑婆世界に遊ぶ」
その時、無盡意菩薩、偈を以て問うて曰く。

白文:
時観世音菩薩 不肯受之
無盡意 復白観世音菩薩言
 仁者 愍我等故 受此瓔珞
爾時 仏告 観世音菩薩 当愍 此無盡意菩薩
 及 四衆・天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅
 緊那羅・摩候羅伽・人・非人 等故 受是瓔珞
即時 観世音菩薩
 愍諸 四衆 及於 天・龍・人・非人等 受其瓔珞
 分作二分 一分奉釈迦牟尼仏 一分奉多宝仏塔
無盡意 観世音菩薩 有如是自在神力 遊於娑婆世界
爾時 無盡意菩薩 以偈問曰